共和党下院議員が国土安保長官の弾劾案を提出

(2021年8月16日)

In this June 25, 2021, photo, Homeland Security Secretary Alejandro Mayorkas talks to the media after he and Vice President Kamala Harris toured of the U.S. Customs and Border Protection Central Processing Center in El Paso, Texas. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


 アリゾナ州選出のアンディ・ビッグス下院議員(共和)は10日、国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカス長官に対する弾劾案を提出するという約束を実行に移し、国境危機の責任者が法律を破っていることを認めたと述べた。

 ビッグス氏は、マヨルカス氏の就任後、「国家の危険は高まった」と述べ、マヨルカス氏が不法な越境者に対する米国法の執行を「故意に」拒否し、新型コロナウイルスの拡散に拍車をかけたと語った。

 「マヨルカス長官は長官としての宣誓を忠実に守ることを怠っており、米国憲法と米国の安全を犠牲にして、国境警備と移民法の執行を無謀にも放棄している」

 2項目からなるこの弾劾案は、民主党が支配する下院では支持を得られそうにない。わずかだが民主党が多数派の下院は、バイデン政権の最初の6カ月間を生き残った数少ないトランプ前政権の厳しい政策を中止し、マヨルカス氏が移民に対して寛大なアプローチを取ることを望んでいる。

 多くの共和党員にとって、マヨルカス氏の国土安保長官としての在職は、国境での前例のない不法移民の急増を考えると、厄介な問題だ。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース