タリバンは首都へ、大統領は国外へ、米大使館は文書を燃やす

(2021年8月17日)

A U.S. Chinook helicopter flies over the city of Kabul, Afghanistan, Sunday, Aug. 15, 2021. Taliban fighters entered the outskirts of the Afghan capital on Sunday, further tightening their grip on the country as panicked workers fled government offices and helicopters landed at the U.S. Embassy. (AP Photo/Rahmat Gul)


 日曜日の朝、タリバンの戦闘集団がアフガニスタンの首都に進入し、アフガン政府に無条件降伏を要求する一方で、アメリカの外交官たちは機密書類の焼却に忙しく、米軍はカブールから人員退避に忙殺されていた。
 これが二十年の闘いから米軍が撤退するのに合わせるように、反乱勢力が電撃的な攻勢をした結果だ。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年09月17日)

石油採掘への公有地リースで政権を提訴

(2021年09月16日)

9・11「決して忘れない」を忘れたバイデン氏

(2021年09月15日)

マンチン議員、3.5兆ドルの歳出法案に難色も、政権は前向き

(2021年09月15日)

実験室流出説を主導する国防情報局

(2021年09月14日)

米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年09月13日)

アフガン撤退で同盟国が「根幹から揺れている」とハガティ米上院議員

(2021年09月12日)

中国、アジア系米国人の反発煽るサイバー活動

(2021年09月11日)

アフガンのレアアース 中国食指、獲得優位に 米国苦境から対中依存懸念

(2021年09月10日)

ホワイトハウス、10万戸の低所得者向け住宅を約束

(2021年09月09日)
→その他のニュース