タリバンは首都へ、大統領は国外へ、米大使館は文書を燃やす

(2021年8月17日)

A U.S. Chinook helicopter flies over the city of Kabul, Afghanistan, Sunday, Aug. 15, 2021. Taliban fighters entered the outskirts of the Afghan capital on Sunday, further tightening their grip on the country as panicked workers fled government offices and helicopters landed at the U.S. Embassy. (AP Photo/Rahmat Gul)


 日曜日の朝、タリバンの戦闘集団がアフガニスタンの首都に進入し、アフガン政府に無条件降伏を要求する一方で、アメリカの外交官たちは機密書類の焼却に忙しく、米軍はカブールから人員退避に忙殺されていた。

 これが二十年の闘いから米軍が撤退するのに合わせるように、反乱勢力が電撃的な攻勢をした結果だ。

 報道によると、タリバンとアフガン当局者は、新たな暫定政府に向け平和的な権力移行を協議中だ。タリバン戦闘員が首都を包囲する中、米国が支援し続けてきたアフガン政府は、カブール市内の流血を避けようとしている。

 アフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領は日曜日、タリバンと政府代表が大統領宮殿で正式会談をしているさなかに国外に退去した。タリバン関係者は間もなくカブールの大統領宮殿から、「アフガニスタン・イスラム首長国」の樹立を宣言すると述べた。

 AP通信の報道では、カブールの米国大使館は日曜日、すべての業務を停止する一方、首都の国際空港で銃撃の報告があったとして、アメリカ市民に安全確保を呼びかけた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


G7サミット、主要議題はウクライナ侵攻と中国の影響力

(2022年07月02日)

ジェイク・サリバン氏、ウクライナの新支援策に防空システムを含むと発言

(2022年07月01日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)
→その他のニュース