ドミニオン社、2020年大統領選挙についてNewsmax, OANを訴訟

(2021年8月20日)

A worker passes a Dominion Voting ballot scanner while setting up a polling location at an elementary school in Gwinnett County, Ga., outside of Atlanta on Jan. 4, 2021. (AP Photo/Ben Gray)


 米ドミニオン・ボーティング・システムズは10日、米保守系メディアのニュースマックスとワンアメリカ・ニュース・ネットワーク(OAN)を訴え、両社が2020年の大統領選について虚偽の主張を貫くことで、投票用ハードウェアとソフトウェアを販売するドミニオン社の名誉を毀損したと主張した。

 両メディアから16億㌦を要求しているドミニオン社のジョン・プロスCEOは「被告やその他の人々によるこの嘘の集中砲火は、当社や顧客、従業員に深刻な被害をもたらし続けている」と述べた。

 訴訟は、ウィリアム・バー前司法長官やジョージア州のブラッド・ラフェンスパーガー州務長官などの当局者による反論があったにもかかわらず、ドミニオン社がバイデン大統領に有利にするような操作し、不正を働いたという虚偽の主張を広めたとして両ネットワークの司会者たちを非難している。

 同社は、「ドミニオン社についての嘘を真実として報道するために意図的な選択をし、ドミニオン社がトランプ氏から2020年の選挙を盗んだと信じるよう何百万人もの米国人をだまし続けるもう一つの現実を作り出した」と主張している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)

「バイデンフレーション」Xマスの食卓直撃

(2021年12月22日)
→その他のニュース