バイデン、トランプ両氏、タリバン攻勢めぐり応酬

(2021年8月21日)

President Joe Biden speaks about prescription drug prices and his "Build Back Better" agenda from the East Room of the White House, Thursday, Aug. 12, 2021, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領は14日、アフガニスタンでタリバンが急速に勢力を伸ばしていることについて、トランプ前大統領を非難し、トランプ氏が退任する際にこの過激派組織を「2001年以来、軍事的に最も強い立場に置いた」と述べた。

 これに対しトランプ氏は、バイデン氏が「われわれの政権が残した計画に従わずに、アフガンから逃げ出した」と述べた。

 「カブールの米大使館にタリバンが旗を掲げることになったら、どんなに恥ずかしいことか」とトランプ氏は反論した。

 バイデン氏は14日、タリバンが攻勢を強化する前に、米軍関係者が引き揚げられるよう、合計約5000人の米軍を追加配備すると発表した。

 バイデン氏は、アフガンから米軍を撤退させる根拠は正当なものだと主張した。

 「アフガンの軍隊が自国を守れない、あるいは守ろうとしないのであれば、米軍があと1年、あるいはあと5年駐留しても違いはなかっただろう。そして、他国の内戦の真っただ中に延々と米国が存在することは、私には受け入れられなかった」

 バイデン氏は、米国がアフガンで大変な状況に置かれていることについて、トランプ氏を非難した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


G7サミット、主要議題はウクライナ侵攻と中国の影響力

(2022年07月02日)

ジェイク・サリバン氏、ウクライナの新支援策に防空システムを含むと発言

(2022年07月01日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)
→その他のニュース