ジャヤパル民主議員、予算案めぐり穏健派議員を非難

(2021年8月23日)

In this July 29, 2020, file photo Rep. Pramila Jayapal, D-Wash., speaks during a House Judiciary subcommittee on antitrust on Capitol Hill in Washington. (Mandel Ngan/Pool via AP, File)


 プラミラ・ジャヤパル下院議員は、資金調達のための電子メールで、穏健派の民主党議員を非難、超党派のインフラ整備法案について下院で先に採決が行われなければ、3.5兆㌦の党の支出法案を頓挫させると脅したからだ。

 ワシントン州選出のジャヤパル氏(民主)は、14日に送信したメールで、自身の選挙運動への寄付を呼びかけ、「大きく、大胆で、迅速な投資」を約束する一方で、民主党議員らを攻撃した。

 メールには、「育児、有給休暇、医療、気候変動への対応に反対する人々を穏健な民主党員と呼ぶことはできない。これは民主党の政策であり、大統領の政策であり、私たちが全米の人々に約束したものだ」と書かれている。

 ジャヤパル氏のメールは、9人の穏健派民主党議員が13日にナンシー・ペロシ下院議長に書簡を送り、超党派のインフラ法案が下院で可決され、署名され、成立するまでは予算決議に賛成しないと主張したことを受けたもの。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース