バイデン大統領、駐日大使にエマニュエル前シカゴ市長指名

(2021年8月27日)

In this file photo, then-Chicago Mayor Rahm Emanuel speaks during a news conference in Chicago. Mr. Emanuel, who also previously served as White chief of staff in the Obama administration, was nominated to be ambassador to Japan on August 20, 2021(AP Photo/Matt Marton)


 バイデン大統領は20日、オバマ政権の大統領首席補佐官だったラーム・エマニュエル前シカゴ市長を駐日大使に指名した。

 2003年から2009年までイリノイ州選出の下院議員を務めたエマニュエル氏は、バイデン政権で要職に就くとみられ、米通商代表部(USTR)代表や運輸長官などのポストが有力視されていた。

 また、バイデン氏とは、バイデン氏の副大統領在職中の2009年~2011年に、オバマ前大統領の首席補佐官を務めた縁がある。

 しかし、進歩派グループは、シカゴ市長時代の2014年に起きた10代の黒人に対する警察官の銃撃事件への対応を理由に、エマニュエル氏が政権の重要ポストに就くことに反発している。

 エマニュエル氏は、この銃撃事件をめぐる論争の中、3期目の出馬を断念した。エマニュエル氏は、2011年から2019年まで市長を務めた。

 この問題が、上院の指名承認公聴会に影響を及ぼす可能性があるが、民主党のトップ2人は指名を支持する意向を示している。

 カリフォルニア州選出のナンシー・ペロシ下院議長(民主)は、エマニュエル氏の 「容赦のなさと成功の実績」を称賛した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


トランプとマコーネル:仇敵同士が最高裁の中絶判決を勝ち取る

(2022年07月05日)

郊外有権者の民主党離れが鮮明に、共和党への転向が急増

(2022年07月04日)

サンダース氏系団体が民主党を非難、中間選挙での敗北を警告

(2022年07月02日)

2024年大統領候補としてトランプ氏に迫るデサンティス氏

(2022年06月26日)

サウスカロライナ州予備選でトランプ氏1勝1敗

(2022年06月18日)

西部保守サミットの人気投票で、デサンティスがトランプを倒す

(2022年06月16日)

オルーク氏、対立候補の会見に乱入 注目求め政界で悪ふざけが増加

(2022年06月14日)

ジョージア州予備選、大統領選出馬を目指すペンス氏には追い風

(2022年05月30日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)
→その他のニュース