アフガン混乱 改めて問われるバイデン大統領の資質

(2021年8月28日)

President Joe Biden speaks about the situation in Afghanistan in the Roosevelt Room of the White House, Sunday, Aug. 22, 2021, in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


 バイデン大統領のアフガニスタン情勢への対応によって、78歳のバイデン氏の心理的適性と国家を率いる能力をめぐる疑問が改めて取りざたされている。

 元国連大使のニッキー・ヘイリー氏は24日、「(ホワイトハウスで)何かが大きく間違っている」と述べた。

 ヘイリー氏は、ポッドキャスト「ヒュー・ヒューイット」で、「バイデン大統領のチームが彼に真実を伝えていないのか、適切な情報を与えていないのか、あるいはバイデン大統領がよく考えていないのか、シナリオを描き、対処する能力がないのか、いずれにしても、あらゆることが的外れだ」と述べた。

 バイデン氏は、トランプ前大統領を破って、今年初め最高齢の大統領に就任、年齢に関する不安の声も聞かれた。

 ベテラン議員で元副大統領のバイデン氏は、自分の経験を強みとしてアピールし、トランプ氏の型破りな4年間の後の安定したリーダーとして自分を位置づけた。

 バイデン氏はアフガンからの米軍撤収を決定、タリバンがわずか数週間で全土を掌握する道を開いたとして激しい批判にさらされている。

 バイデン政権はそれ以来、出国を求める米民間人や同盟国を守るために奔走している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース