アフガン混乱 改めて問われるバイデン大統領の資質

(2021年8月28日)

President Joe Biden speaks about the situation in Afghanistan in the Roosevelt Room of the White House, Sunday, Aug. 22, 2021, in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)

By Seth McLaughlin – The Washington Times – Tuesday, August 24, 2021

 バイデン大統領のアフガニスタン情勢への対応によって、78歳のバイデン氏の心理的適性と国家を率いる能力をめぐる疑問が改めて取りざたされている。

 元国連大使のニッキー・ヘイリー氏は24日、「(ホワイトハウスで)何かが大きく間違っている」と述べた。

 ヘイリー氏は、ポッドキャスト「ヒュー・ヒューイット」で、「バイデン大統領のチームが彼に真実を伝えていないのか、適切な情報を与えていないのか、あるいはバイデン大統領がよく考えていないのか、シナリオを描き、対処する能力がないのか、いずれにしても、あらゆることが的外れだ」と述べた。

 バイデン氏は、トランプ前大統領を破って、今年初め最高齢の大統領に就任、年齢に関する不安の声も聞かれた。

 ベテラン議員で元副大統領のバイデン氏は、自分の経験を強みとしてアピールし、トランプ氏の型破りな4年間の後の安定したリーダーとして自分を位置づけた。

 バイデン氏はアフガンからの米軍撤収を決定、タリバンがわずか数週間で全土を掌握する道を開いたとして激しい批判にさらされている。

 バイデン政権はそれ以来、出国を求める米民間人や同盟国を守るために奔走している。

 また、バイデン氏は、新型コロナウイルスデルタ株の流行や米国とメキシコの国境での混沌とした状況にも直面しており、これらがバイデン氏批判の材料となっている。

 FOXニュースの元司会者であるブリット・ヒューム氏は今週、バイデン氏は「それほど頭の回転がいい人」ではなかったと語っている。

 ヒューム氏は「ザ・ガイ・ベンソン・ショー」で、「彼がいつまででも話し続けられることは、よく知られていたが、ひどく頭が切れるという感じはしなかった。その上、明らかに年を取り過ぎている」と述べた。

 「二つの課題を抱え、十分な対応ができていない。大統領になるには高齢過ぎると思う」とヒューム氏は述べた。

共和党、獲得票増加も、重要選挙区では空振り

(2022年12月01日)

共和党でトランプ氏に土俵を譲ることを拒否する動き広がる

(2022年11月28日)

米共和党、バロットハーベスティング推進で民主に反撃へ

(2022年11月27日)

共和党支持者、現党指導部に嫌気 強いリーダー求める

(2022年11月24日)

ドナルド・トランプを追い出してはならない

(2022年11月24日)

民主党、再選目指すトランプ阻止に「過激な法的措置」も

(2022年11月23日)

波に乗るハリス米副大統領 バイデン氏後継も視野

(2022年11月20日)

マッカーシー院内総務、下院議長選へ結束呼びかけ

(2022年11月19日)

「赤い波」不発の行方は?

(2022年11月16日)

トランプ氏、間もなく大統領選出馬を表明か、党内の一部は延期要請

(2022年11月14日)
→その他のニュース