議会下院を取り戻す勢いの共和党

(2021年8月30日)

By Jennifer Harper - The Washington Times - Wednesday, August 25, 2021


 共和党と民主党の選挙参謀はどちらも、2022年の中間選挙で共和党優勢か、とのNBCニュースの最新世論調査の結果を留意するべきだ。同調査によれば、今の時点で米国の成人47%が合衆国議会は民主党に支配されることを望む一方、46%は共和党主導の議会を期待していて、残り7%が判断に「確信が持てない」と回答している。

 そして新たに、来年投票が開かれたとき共和党議員に幸運の女神がほほ笑むことを示唆する詳細の調査が現れた。共和党優勢の世論は確実に強まっているのだ。4月のNBC調査では、回答者の42%が共和党勝利を望んでいた。そうした気分は現在までに4パーセントも上昇した。一方で民主党に対する有権者の気分は変わっていない。前回の世論調査で民主党支持は、現在と同じ47%だった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース