バイデン氏の失態は弾劾に相当する

(2021年9月1日)


 ANALYSIS/OPINION:26日の時点で、米国は10万人以上をアフガニスタンから避難させた。  

 グリーンカード所持者、米軍や外交官に協力し、特別移民ビザの発給を受けた人々、難民、一時的な人道的救済を求める人々だ。  

 今週、国防総省は、避難資格のある人たちの最初の審査をするのに、タリバンに頼っていたことを認めた。  

 国防総省のジョン・カービー報道官は「タリバンは検問所を設けた。私たちは、誰を入国させたいと思っているか、彼らの資格証明書は何で、人相はどうか、何が有効なのか等々について、毎日、タリバンの司令官と連絡を取り合っている。従って、誰を入国させてほしいと思っているかについて、タリバン側にはすべて知らせている」と続けた。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)
→その他のニュース