新型コロナ大流行で社会保障が財源不足に

(2021年9月3日)

In this Feb. 11, 2005, photo, trays of printed social security checks wait to be mailed from the U.S. Treasury's Financial Management services facility in Philadelphia. (AP Photo/Bradley C. Bower)


 社会保障制度の管財人は、31日に発表した報告で、社会保障制度の収入が今年から減少し始め、今後10年あまりで信託基金はいずれ底を突き、致命的な限界を迎えると厳しい見方を示した。

 また、社会保障制度の給付プログラムである高齢者向けの老齢・遺族保険(OASI)と就労不能者向けの身体障害保険(DI)の両方が、管財人が行った短期的な財政的妥当性のテストに不合格となった。

 このような収入減は、以前から予測されていたことだが、連邦政府の財政状態をチェックする上で、重大な警告となった。

 管財人によると、以前から厳しい状況は続いていたが、新型コロナウイルスの大流行とそれに伴う景気の悪化が社会保障制度に大きな打撃を与え、信託財産が枯渇し、約束された給付金の全額を支払うことができなくなる時期が1年早まったという。

 新たな期限は2034年となり、支給額は約束の78%にまで減少すると管財人は述べている。

 「パンデミックと急激な景気後退が、OASIとDIの信託基金の数理的状態に大きな影響を与えたことは明らかであり、パンデミックの今後の推移は依然、不透明だ」と管財人は述べている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


フロリダ州の情報操作疑惑

(2022年06月08日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

コロナ拡大による国境封鎖政策を廃止へ 混乱に備える国境

(2022年04月09日)

ロシアの動物実験への助成停止を-GAO

(2022年03月26日)

ワクチン接種と超過死亡数の急増

(2022年03月23日)

バイデン氏の赤字削減公約の一方で、大規模社会福祉法案を推進

(2022年03月13日)

ペロシ下院議長、バイデン政権の超党派予算法案を通過、左派の反乱を鎮圧

(2022年03月11日)

米下院・共和党、「インフラ帝王」に浪費と不正の根絶を要求

(2022年03月08日)

バイデン氏の太陽光パネル関税延長に超党派の反発

(2022年02月28日)
→その他のニュース