ポンペオ元国務長官、大統領予備選挙に向けてニューハンプシャー州入り

(2021年9月5日)

Former Secretary of State Mike Pompeo speaks during a forum, Wednesday, Aug. 18, 2021, in Edmond, Okla. (AP Photo/Sue Ogrocki)


 マイク・ポンペオ前国務長官は、ドナルド・トランプ前大統領による2024年の大統領選挙の出馬への示唆に怯むことなく、ニューハンプシャー州の共和党の有権者からの支持を求め、予備選挙の初期州での基盤を築いている。

 ポンペオ氏は31日に動き出し、伝統的に全米で最初期に行われる同州の大統領予備選で競うため、共和党有力者への働きかけを強化した。

 ポンペオ氏は同州の共和党関係者や防衛・航空宇宙メーカーのTRMマイクロウエーブ、保守系団体クラブ・フォー・グロースによるスクール・チョイスに焦点を当てた国民運動の最初の会議に参加した。

 ポンぺオ氏は、教育に焦点を当てたこの会議で前国務長官が語るのは「奇妙」に見えるかもしれないと述べたが、5年生の日曜学校教師としての自身の経験は、米外交トップのポストに向けた準備になったと冗談を述べた。

 ポンペオ氏は、開発中である2024年の選挙演説を思わせる発言で、アフガニスタンから軍隊を撤退させたバイデン大統領の戦略を批判した後に、国内政策に主題を移した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース