オカシオコルテス下院議員、エマニュエル氏の大使指名は「恥ずべき」

(2021年9月7日)

Rep. Alexandria Ocasio-Cortez, D-N.Y., speaks with reporters, Thursday, June 17, 2021, as she arrives on Capitol Hill in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Wednesday, September 1, 2021

 アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員は、バイデン大統領が次期駐日大使にラーム・エマニュエル前シカゴ市長を指名したことを非難し、「深く恥ずべき」選択だとして上院で否決するよう求めた。

 ニューヨーク州選出の民主党議員、オカシオコルテス氏は、オバマ大統領の初代首席補佐官でもあったエマニュエル氏がシカゴ市長時代に、警察官から16発の銃弾を受けたシカゴの10代の若者、ラクアン・マクドナルドさんの死を「隠蔽」したと非難した。

 エマニュエル氏は、2014年10月にマクドナルドさんが射殺された際の警察のビデオを隠していたが、1年以上たって連邦判事が公開を命じ、市がビデオを隠していたことは記録法に違反すると判断した。

 中道派の民主党員で、オバマ政権時代にバイデン氏と親交があったエマニュエル氏は、不正を否定している。

 このビデオは、マクドナルドさんが銃撃を受けた際、警察を脅していたという警察官の報告とは明らかに矛盾している。マクドナルドさんを射殺したシカゴの元警官、ジェイソン・バン・ダイクは、第二級殺人罪で有罪判決を受け、市はマクドナルドさんの遺族と500万ドルの和解を成立させた。

 オカシオコルテス氏は、このような不祥事を起こしたエマニュエル氏に「公的な信頼を得るべき地位に就く資格はない」と述べた。

 「バイデン政権がエマニュエル氏に大使職を与えようとしていることは、恥ずべきことであり、私たちが国内および世界で維持しようとしている価値観を裏切るものだ。私は上院がエマニュエル氏の承認に反対することを強く望む」

 バイデン氏は、8月20日にエマニュエル氏(61歳)をこの微妙な外交ポストに正式に指名した。

左派政策に対する反動

(2024年06月23日)

バイデンかトランプか 「どっちも嫌」が倍増

(2024年06月22日)

「敵を沈めよ」大統領選へ共和党がオンラインキャンペーン

(2024年06月19日)

トランプ氏のリバタリアンへの働き掛け

(2024年06月02日)

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)
→その他のニュース