技術窃取防止策の廃止要求、親中大学教授ら司法省に書簡

(2021年9月16日)

In this Wednesday, Feb. 15, 2012, photo, a student walks in front of Hoover Tower on the Stanford University campus in Palo Alto


 トランプ政権時に米司法省が、中国による技術窃取を防止するために立ち上げたプログラム「チャイナ・イニシアチブ」の廃止を求める公開書簡を、スタンフォード大学の教授77人が提出していたことが明らかになった。

 ガーランド司法長官に宛てた8日付の書簡で教授らは、米国の国家安全保障のために情報を守る必要性を認めた上で、「イニシアチブが当初の目的から逸脱し、研究と技術での米国の競争力を弱め、アジア系研究者らへの偏見と差別をあおっている」と主張、廃止を強く求めた。

 公開書簡は、研究者らが「中国との個人的、職業的つながりだけを理由に」捜査の対象になっていると主張、「中国出身の研究者」が標的になっていると訴えている。

 約3年前に発足したイニシアチブによってこれまで、研究者、中国国籍保有者、情報当局者ら数十人が起訴され、そのうちの多くは、中国の人材獲得プログラム「千人計画」に関わっていた。バイデン政権になってから、逮捕、起訴の数は減少している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)

アフガン駐留軍のトップ、大統領の撤収に反対していた

(2021年09月19日)

米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年09月13日)

中国、アジア系米国人の反発煽るサイバー活動

(2021年09月11日)

バイデン、ハイテクサミットに参加している企業らにサイバー攻撃への対処案を依頼

(2021年09月02日)

「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年07月24日)
→その他のニュース