下院民主党は、年収40万ドル未満の個人に増税はない、というバイデン公約を破る

(2021年9月18日)

House Ways and Means Committee Chairman Richard Neal, D-Mass., left, and Rep. Kevin Brady, R-Texas, the ranking member, center right, make opening statements as the tax-writing panel continues work on the Democrats' sweeping proposal for tax hikes on big corporations and the wealthy to fund President Joe Biden's $3.5 trillion domestic rebuilding plan, at the Capitol in Washington, Tuesday, Sept. 14, 2021. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


 合衆国のセーフティネット関連予算を3兆5千億ドル拡大するという民主党の歳出計画は、年間所得40万ドル未満の個人に増税しない、というバイデン大統領の選挙公約を破棄するものだ。

 上下両院の古参議員10人による特別委員団である「課税に関する合同委員会」の精査によると、年間収入20万ドル以上の個人は税負担が増えることが判明した。この合同委員会には、下院歳入委員会に属する3人の民主党議員が含まれているが、彼らは3.5兆ドルの「人的インフラ」に関する一括法案のコスト捻出を目的とした税制改正案の作成に関与していた人たちだ。

 報告書によると、一番影響を受けるのは年間100万ドル以上の収入を持つ納税者で、下院民主党議員らの提案が実施されれば、彼らの税負担は2023年までに10%も増えることになるだろう。

 同様に、年収50万ドルから100万ドルまでの国民は、2023年に連邦政府に支払う税額が1.6%増加する。同年に年収20万ドルから50万ドルまでの納税者も0.3%増加する。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)
→その他のニュース