アフガン駐留軍のトップ、大統領の撤収に反対していた

(2021年9月19日)

U.S. Army Gen. Austin Scott Miller speaks during the change of command ceremony at Resolute Support headquarters in Kabul, Afghanistan, Sunday, Sept. 2, 2018. Miller assumed command of the 41-nation NATO mission in Afghanistan following a handover ceremony. (AP Photo/Massoud Hossaini)


 アフガニスタン駐留米軍のトップが国防総省の高官に対し、バイデン大統領が撤収の最終決定を下す前に、全面撤収への反対を伝えていたことが明らかになった。

 オースティン・スコット・ミラー大将は14日、上院軍事委員会での非公開ブリーフィングで、ロイド・オースティン国防長官、マーク・ミリー統合参謀本部議長、ケネス・マッケンジー・ジュニア米中央軍司令官といった上層部に、バイデン大統領の決定に反対する意向を伝えていたことを確認した。

 バイデン氏は先月のインタビューで、軍事顧問がアフガンの全面崩壊を避けるために部隊を残すことを提案したかどうかを聞かれ、インタビュアーのジョージ・ステファノプロス氏に「誰もそんなことは言わなかった」と答えた。

 上院軍事委員会のジェームズ・インホフ委員(共和、オクラホマ州)は14日、非公開のブリーフィングの後、「政権の発言と真実の間に矛盾があることを知るのに十分な話を聞いた」と述べた。

 「バイデン大統領がすべての軍事的助言に耳を傾けなかったのは明らかだ」とインホフ氏は述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国、対中衝突を想定した新世代の軍事機材に注目

(2022年05月28日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)

バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年04月10日)
→その他のニュース