バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年9月21日)

President Joe Biden greets labor union members of the International Brotherhood of Electrical Workers (IBEW) Local 313 in New Castle, Del., commemorating Labor Day, Monday, Sept. 6, 2021. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


 米下院民主党は、バイデン大統領の3・5兆㌦のインフラ投資法案を利用して、最大の支持基盤の1つで組合労働者を支援することを計画している。

 下院歳入委員会の民主党議員は、バイデン氏の巨額の投資法案への財源を完全に確保するためだと彼らが主張する881ページの税制案の中に組合費の控除を押し込んだ。現在書かれている内容によると、この規定により労働組合のメンバーは、組合費として250㌦を税金から控除することができる。

 共和党議員は、この規定について不当だと批判し、不適切な政治的見返りに相当すると主張する人さえいる。

 「この組合費控除は、民主党の最大の政治基盤の1つである大手労組への露骨な補助金である。こうした労組は、支払いを拒否すれば職を失う労働者から会費を徴収する独特な権力を持つことで、すでに十分な資金を得ている」と全国労働権委員会のグレッグ・ムーラド副会長は述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)
→その他のニュース