タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年9月22日)


 ANALYSIS/OPINION:それは素晴らしいが、悪魔の仕業のようだ。  

 狙いやすい宿主に取り付き、その能力を支配し、それから、ほとんど一夜にして、完全な勝利宣言をする。  

 コロナウイルスの拡散はこのようにして行われる。タリバンは同じような方法で、アフガニスタンの乗っ取りを成功させた。手際は良くないが、ホワイトハウスが敵勢力に手を貸したことが、タリバンの成功に決定的な役割を果たした。悲しいかな、それは、以前にも起きたことがある。  

 米軍が最後にカブール国際空港から飛び立ってから数週間、バイデン大統領は、遠隔地への20年にわたる関与を突然終わらせることについて、トランプ時代に結ばれた、痛みを伴うが、やむを得ない撤収交渉のためだと弁解してきた。しかしながら、彼は、なぜ、現代の軍隊に装備するのに十分高価で、最新式の軍需資材を残していったのか、一切合理的説明をしていない。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

ハイテク化する戦場、無人機がウクライナ戦争を一変

(2022年05月23日)

北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)
→その他のニュース