タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年9月22日)


 ANALYSIS/OPINION:それは素晴らしいが、悪魔の仕業のようだ。  

 狙いやすい宿主に取り付き、その能力を支配し、それから、ほとんど一夜にして、完全な勝利宣言をする。  

 コロナウイルスの拡散はこのようにして行われる。タリバンは同じような方法で、アフガニスタンの乗っ取りを成功させた。手際は良くないが、ホワイトハウスが敵勢力に手を貸したことが、タリバンの成功に決定的な役割を果たした。悲しいかな、それは、以前にも起きたことがある。  

 米軍が最後にカブール国際空港から飛び立ってから数週間、バイデン大統領は、遠隔地への20年にわたる関与を突然終わらせることについて、トランプ時代に結ばれた、痛みを伴うが、やむを得ない撤収交渉のためだと弁解してきた。しかしながら、彼は、なぜ、現代の軍隊に装備するのに十分高価で、最新式の軍需資材を残していったのか、一切合理的説明をしていない。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)

タリバン支配下で宗教的少数派が「急速に縮小」

(2021年10月09日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

「債務の罠」に陥る途上国、中国「一帯一路」の問題点浮き彫り

(2021年10月02日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

炭素使用量パスポートを固辞せよ

(2021年09月29日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)
→その他のニュース