公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年9月29日)

People look up at a dead body hanged by the Taliban from a crane in the main square of Herat city in western Afghanistan, on Saturday Sept. 29, 2021. (AP Photo)


 タリバンのソフト路線を期待していた向きには、一気に現実に目覚めさせられることになった。この日曜日、米国の視聴者は、タリバンの指導者が法律違反への警告だと主張する、ヘラート市で血まみれの死体がクレーンに吊られている光景を見せられたからだ。

 地域事情に詳しい専門家によると、このおぞましい映像によって、タリバンの第二次アフガン統治は昔よりも穏健になり、1990年代後半の統治期間を特徴づけたイスラム法の厳格な適用からは距離を置くだろう、とのバイデン政権の期待に水を差すことになりそうだ。

 過去数日間、人権監視団はタリバンが女性の権利に関して大幅に引き締め始めたと警告してきた。タリバン指導者はまた、犯罪者への死刑執行や身体の一部切断を再開することを公に認めた。こうした懲罰はタリバンが20年前に支配した当時の司法制度を特徴づけるものだった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ハイテク化する戦場、無人機がウクライナ戦争を一変

(2022年05月23日)

北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)
→その他のニュース