新型コロナの子供への影響

(2021年10月6日)

In this Tuesday, Aug. 10, 2021 file photo, Students, some wearing protective masks, arrive for the first day of school at Sessums Elementary School in Riverview, Fla.


 ファイザー社は今週、5歳から12歳の子供を対象とした新型コロナウイルスワクチンの後期治験の初期データを米食品医薬品局(FDA)に提出したが、その結果、ハロウィーン(10月31日)の頃には、私たちの子供は、このワクチン接種が受けられるだろうとの期待が湧いてきている。

 間違いなく、バイデン政権は、子供へのワクチン接種を強く促し(あるいは命令しさえ)するであろう。しかし、ちゅうちょなく従う前に、目下、私たちが活用できる「科学」をじっくり見てみようではないか。

 ファイザー社自身のデータによると、子供を対象に実施された治験は、ワクチンが新型コロナへの感染、入院の回避にどのような効果があるかを検証するためのものではなかった。重症化する子供は極めて少ないからだ。それどころか、治験は子供の免疫反応の測定を中心に行われた。

 繰り返すが、この治験は、ワクチン接種によって、子供が新型コロナに感染したり、入院したりするのを防ぐことができることを示すためのものではない。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)
→その他のニュース