国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

2020年12月9日(水)、アリゾナ州ヘレフォードにあるコロナド国立記念公園のモンテズマズ・パスの頂上で移民を拘束する税関・国境警備隊の捜査官(AP Photo/Matt York)


 国境では1年でどこが変わったのか。

 2020年8月、トランプ政権は驚くべきことを成し遂げた。国境警備隊員が4万7000人以上の不法移民を拘束し、そのうち国内に解放したのはわずか10人だった。

 今年の8月、バイデン大統領の下で、国境警備隊は19万5000人以上を逮捕し、4万3941人を釈放した。43万%以上の増加だ。

 安全保障の専門家は、それが安全な国境と前例のない移民の急増の間の違いだと言う。

 トランプ政権で税関・国境警備局の局長代理を務めたマーク・モーガン氏は、「解放されないと言えば、移民は来ない。移民手続きを待っている間は米国内に解放されないと知れば、来ない」と語った。

 先週、年度末を迎えた。最終的な数字は発表されていないが、2021年の国境での逮捕者数、国境での死亡者数、押収された薬物数は過去最多となりそうだ。

 2020年10月の会計年度開始時には正常に運営されていたが、バイデン政権が発足したばかりの年明けに一気に悪化した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

米、リモートワーク拡大で都市脱出が加速

(2021年10月17日)

マルクス主義的な考え方を受け入れる米国民が増加

(2021年10月10日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)

トランスジェンダーから裸の検査を受けたイスラム教徒の受刑者が提訴

(2021年10月04日)

シカゴの銃声検知システムに批判

(2021年10月02日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

米国の名門大学で吹き荒れる「キャンセル文化」

(2021年09月27日)
→その他のニュース