国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

2020年12月9日(水)、アリゾナ州ヘレフォードにあるコロナド国立記念公園のモンテズマズ・パスの頂上で移民を拘束する税関・国境警備隊の捜査官(AP Photo/Matt York)

By Stephen Dinan – The Washington Times – Sunday, October 3, 2021

 国境では1年でどこが変わったのか。

 2020年8月、トランプ政権は驚くべきことを成し遂げた。国境警備隊員が4万7000人以上の不法移民を拘束し、そのうち国内に解放したのはわずか10人だった。

 今年の8月、バイデン大統領の下で、国境警備隊は19万5000人以上を逮捕し、4万3941人を釈放した。43万%以上の増加だ。

 安全保障の専門家は、それが安全な国境と前例のない移民の急増の間の違いだと言う。

 トランプ政権で税関・国境警備局の局長代理を務めたマーク・モーガン氏は、「解放されないと言えば、移民は来ない。移民手続きを待っている間は米国内に解放されないと知れば、来ない」と語った。

 先週、年度末を迎えた。最終的な数字は発表されていないが、2021年の国境での逮捕者数、国境での死亡者数、押収された薬物数は過去最多となりそうだ。

 2020年10月の会計年度開始時には正常に運営されていたが、バイデン政権が発足したばかりの年明けに一気に悪化した。

 ワシントン・タイムズ紙は、トランプ政権下の2カ月(新型コロナの感染拡大の前の1カ月と大流行中の1カ月)と、バイデン政権下の1カ月(最新のデータが入手できる8月)を比較し、越境して捕まった人たちがどうなったかを調べた。

 最も目立ったのは、国境の専門家が「コンセクエンス・デリバリー・システム」と呼ぶもの。それによって、拘束されたり、追放されたりした場合、米国に来る人は減少し、捕まっても解放される場合は、越境を試みる人は増加した。

・コロナ感染拡大が始まる前の2020年1月、国境警備隊員は2万9204人を逮捕した。そのうち86%は追い返されるか、直ちに強制送還されるか、「メキシコ待機」政策や中米諸国と結んだ協力協定など、偽の亡命申請を阻止するためのトランプ・チームの行政手続きの対象となった。

 また、約12%は、移民裁判所に出頭する日付を記した「出頭通知」を持ち移民税関捜査局(ICE)に引き渡された。国境で捕まって釈放された移民はわずか75人で、0.5%にも満たない。

・コロナ流行中の2020年8月、捜査官は4万7282件の逮捕を行った。そのうち90%以上は、「タイトル42」と呼ばれる、不法移民に対し国境を閉鎖する緊急保健命令により、直ちに追放された。

 また、逮捕された人の6.6%は、迅速な強制送還や退去の手続きに入った。国境で逮捕されて解放されたのはわずか10人で、事実上0%であった。

・バイデン政権下の2021年8月、捜査官は19万558件の逮捕を行ったが、これは他の2カ月を合わせた数の2倍以上に当たる。

 約47%がタイトル42の権限で追放され、約7%が迅速な国外退去手続きに入った。

 さらに、23%が国境で捕らえられて解放され、15%が捕らえられてICEに引き渡され、裁判の期日が通知された。

 トランザクション・レコード・アクセス・クリアリングハウスによると、これらのほとんどは25日ほど拘束された後に解放されている。

 バイデン政権は、問題は米国内で起きていることではなく、他の国で起きていることだと主張している。ホワイトハウスは、問題と解決策は「プッシュ(移民を送り出す側)」要因にあるとし、他国での生活環境を整えて人々が出て行かないようにすることだとしている。

 先週、国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカス長官は、コロナ大流行の緩和が奏功することに期待していると述べた。

 マヨルカス氏は先週、移民政策研究所主催の会議で、「これによって、地域内に基盤を取り戻すことができ、その結果、違法に移住を求める人々の数が減少することを期待している。希望が見えれば、国を出ざるを得なくなることもなくなる」と述べた。

 しかし今のところ政権は、タイトル42を堅持し、この政策は残酷で人種差別的だという、民主党支持基盤からの強い要求を無視している。

 マヨルカス氏によると、到着した移民の20%は病気であるという。1日に7500人もの移民が捕まることを考えると、彼らを国境警備隊の施設に収容することは新型コロナの蔓延につながるという。

 トランプ政権時代の移民のパターンを研究したモーガン氏らは、今年の国境の状況が悪化したのは「プッシュ」要因ではないと言う。新型コロナは昨年も流行していたし、主要な送り出し地であるメキシコや中米では犯罪が増加していない。

 むしろ、「プル」の要因を指摘しています。バイデン政権は、偽りの亡命申請を阻止するためのトランプ政権の厳格な枠組みを解体した。

 一連の判決により、移民局が子供を連れた不法移民の家族を拘束する期間が制限された。移民は、子供を連れて現れて保護を求めれば、捕まって国内に解放されることを知っている。

 亡命申請のほとんどは却下されるが、その前に長い裁判手続きがあり、移民はその間、コミュニティーで生活し、働き、溶け込む機会を手にする。

 議会に制度の改善を訴えても無駄だったため、トランプ政権は独自に対策を講じた。

 メキシコ待機政策(正式名称は、移民保護プロトコル=MPP)により、亡命申請者は裁判を待つために国境を越えて戻ってくることになった。

 また、米国は中米諸国と協定を結び、自国の領土を越えて米国に亡命を申請した人々を引き取らせることで合意している。当局者らは、これらの移民は、途中の国で亡命を申請すべきだと述べている。

 数は決して多くはないが、シグナルはあったとモーガン氏は言う。

 「全体像はこうなっていた。この国に来て、不正な亡命申請をした人たちを抑止する効果があると考えられていた。これで流れは止まった。信じられないことだ。効果があった」

 ワシントン・タイムズは移民権利擁護団体に問い合わせたが、バイデン政権とトランプ政権の比較についてコメントは得られなかった。

 しかし、彼らはこれまで、前政権の政策が、移民を困難で時には安全でない状況に送り返したと主張。バイデン・チームに、トランプ政権の政策を停止するよう求めている。

 タイトル42を除いて、バイデン政権はそれを実行しようとしており、亡命協定を終わらせ、メキシコ待機を撤回しようとしている。

 連邦判事は、マヨルカス氏がMPPを失効させようとしたことは手続き法に違反すると判断した。国土安全保障省は先週、この政策を終わらせるための新しい覚書を「数週間後に」出すと発表した。

不法移民急増で密入国費用が急騰

(2022年10月04日)

中絶反対派にも「過激派」のレッテルを貼る米民主党

(2022年09月26日)

移民バス輸送キャンペーンで国境をめぐる深い溝が露呈

(2022年09月23日)

警察予算の削減について、大統領と民主党に責任を問うべき時だ

(2022年09月21日)

バイデン:不法移民の輸送にもっと納税者負担を

(2022年09月16日)

命取りのバイデン国境

(2022年09月15日)

FBI本部に調査申し立て、トップがスマホのセキュリティ規則破り?

(2022年09月14日)

バイデン氏、学生ローン帳消しで若者の支持急増

(2022年09月11日)

バイデンの移民政策の失政を証言

(2022年09月09日)

バイデン政権、SNS企業と連携しコンテンツを検閲

(2022年09月04日)
→その他のニュース