国境で解放された不法移民、8月に43万%以上増加

(2021年10月11日)

2020年12月9日(水)、アリゾナ州ヘレフォードにあるコロナド国立記念公園のモンテズマズ・パスの頂上で移民を拘束する税関・国境警備隊の捜査官(AP Photo/Matt York)


 国境では1年でどこが変わったのか。

 2020年8月、トランプ政権は驚くべきことを成し遂げた。国境警備隊員が4万7000人以上の不法移民を拘束し、そのうち国内に解放したのはわずか10人だった。

 今年の8月、バイデン大統領の下で、国境警備隊は19万5000人以上を逮捕し、4万3941人を釈放した。43万%以上の増加だ。

 安全保障の専門家は、それが安全な国境と前例のない移民の急増の間の違いだと言う。

 トランプ政権で税関・国境警備局の局長代理を務めたマーク・モーガン氏は、「解放されないと言えば、移民は来ない。移民手続きを待っている間は米国内に解放されないと知れば、来ない」と語った。

 先週、年度末を迎えた。最終的な数字は発表されていないが、2021年の国境での逮捕者数、国境での死亡者数、押収された薬物数は過去最多となりそうだ。

 2020年10月の会計年度開始時には正常に運営されていたが、バイデン政権が発足したばかりの年明けに一気に悪化した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)
→その他のニュース