反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

2021年10月2日(土)、アラバマ州タラデガで開催されたNASCAR Xfinityシリーズのオートレースで優勝し、ビクトリーレーンで喜ぶブランドン・ブラウン(AP Photo/John Amis)


 NBCの自動車レース、NASCAR(ナスカー)レポーター、ケリー・スタバスト氏が先週末、ファンが、バイデン氏非難を叫んでいたにもかかわらず、ドライバーのブランドン・ブラウンに声援を送っていると言ったことで、政治的センセーションを巻き起こしたが、スタバスト氏自身はあまり気づいていなかったようだ。

 「レッツゴー、ブランドン」という言葉は右派の間で爆発的に広まった。保守派にとっては、批判を受けることも、誰かを傷つけることもなく、バイデン大統領や主流メディアを皮肉ることができるまさに心の叫びだ。

 テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員(共和)は、7日の保守系ポッドキャスター、ベニー・ジョンソン氏とのインタビューで、このキャッチフレーズにお墨付きを与えた。クルーズ氏は、「とても愉快だ」と述べた。

 クルーズ氏は、「この映像は、現実離れしている。NBCのリポーターが『ほら、皆がレッツゴー、ブランドンと叫んでいる』と言っているのを聞くことになるとは。ここにフェイクニュースのすべてが凝縮されている」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年09月21日)

米共和党は民主党を「社会主義者」と非難せよとギングリッチ元下院議長

(2021年09月19日)

下院民主党は、年収40万ドル未満の個人に増税はない、というバイデン公約を破る

(2021年09月18日)

バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年09月17日)
→その他のニュース