反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

2021年10月2日(土)、アラバマ州タラデガで開催されたNASCAR Xfinityシリーズのオートレースで優勝し、ビクトリーレーンで喜ぶブランドン・ブラウン(AP Photo/John Amis)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Sunday, October 10, 2021

 NBCの自動車レース、NASCAR(ナスカー)レポーター、ケリー・スタバスト氏が先週末、ファンが、バイデン氏非難を叫んでいたにもかかわらず、ドライバーのブランドン・ブラウンに声援を送っていると言ったことで、政治的センセーションを巻き起こしたが、スタバスト氏自身はあまり気づいていなかったようだ。

 「レッツゴー、ブランドン」という言葉は右派の間で爆発的に広まった。保守派にとっては、批判を受けることも、誰かを傷つけることもなく、バイデン大統領や主流メディアを皮肉ることができるまさに心の叫びだ。

 テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員(共和)は、7日の保守系ポッドキャスター、ベニー・ジョンソン氏とのインタビューで、このキャッチフレーズにお墨付きを与えた。クルーズ氏は、「とても愉快だ」と述べた。

 クルーズ氏は、「この映像は、現実離れしている。NBCのリポーターが『ほら、皆がレッツゴー、ブランドンと叫んでいる』と言っているのを聞くことになるとは。ここにフェイクニュースのすべてが凝縮されている」と述べた。

 10月2日のことだ。タラデガ・スーパースピードウェイで優勝したブラウン選手へのインタビューの中でスタバスト氏は、観客が「レッツゴー、ブランドン」と叫んでいたため、聞き取りにくいと話したが、実際に動画を見ると、観客が叫んでいるのは「くたばれ、ジョー・バイデン」だった。

 スタバスト氏が単に間違っただけなのか、状況をうまく利用しようとしただけなのかははっきりしていない。ニュースサイト「デッドライン・ハリウッド」は、スタバスト氏は「耳が悪いか、非常に頭の回転が速いか」のどちらかだと報じた。反バイデン派はスタバスト氏を非難、「大衆をだまそうとしている」というツイートも登場した。

 このバイデン氏非難の叫びは、何週間も前から、ライダーカップなどのスポーツイベントで聞かれるようになっていた。今回の出来事があり、「レッツゴー・ブランドン」が合言葉になった。ソーシャルメディアへの投稿によると、9日にはいくつかの大学のフットボールスタジアムでファンがこのフレーズを叫んでいた。

 「レッツゴー、ブランドン! Gettr.comに加わろう」というバナーを掲げた飛行機が、ドナルド・トランプ前大統領の集会の前に、デモインのアイオワ州フェアグラウンドの上空を飛行した。ニュースサイト「デイリー・ワイア」は、「レッツゴー・ブランドン」Tシャツの販売を開始した。

 共和党全国委員会が8日、雇用創出率の高い10州を共和党の知事がリードしていると指摘した後、トランプ政権高官だったリチャード・グレネル氏は「レッツゴー・ブランドン」とツイートした。

 他にも、インディアナ州の共和党下院議員、ジム・バンクス氏や、FOXの寄稿者であるリサ・ブース氏らがこのフレーズをツイートし、「純金」と呼んだ。

 ドナルド・トランプ・ジュニア氏は「土曜日はもう男の子のためのものではない。…レッツゴー・ブランドンのためのものだ」とツイートした。

 それだけではない。保守系風刺サイト「バビロン・ビー」も9日、「大学のフットボール大会に参加したブランドンという名の男は鼻高々だ」という見出しを掲げて、この動きに加わった。

 「実際、ある調査によると、スポーツの試合やその他の公共イベントでこのスローガンが繰り返されるようになってから、自身の名前に誇りを持つブランドンさんがここ数週間で急増している」という。

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ケネディ氏は「コントロール不能」、第3の候補に「夜も眠れず」-民主・共和両陣営選挙責任者

(2024年04月26日)

LGBTへの保護を強化、バイデン政権が教育改正法見直し

(2024年04月24日)

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)

トランプ氏、中絶の全国規制に反対 民主党の選挙戦術に対抗

(2024年04月10日)
→その他のニュース