米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

COVID-19の影響で全米の学校や教会が閉鎖される中、希望を促すミシガン州セントジョセフのセントジョセフ・カトリック教会の看板。2020年3月30日(月)撮影(Don Campbell/The Herald-Palladium via AP)

By Sean Salai – The Washington Times – Friday, October 15, 2021

 米国の宗教団体の30%は、今後20年内に消滅するという予測が公表された。

 ハートフォード宗教研究所が、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など一神教の80宗派の1万5278の教会、礼拝所などで信徒らを対象に調査を行った。それによると、新型コロナウイルスが大流行した2020年、大規模な団体は成長を続けた一方で、小規模な団体は縮小。規模でトップ10に入る団体に、毎週の礼拝など宗教行事参加者の70%が集中していた。

 調査を行ったスコット・サマ所長は、小規模な団体で高齢化が急速に進んでいると指摘、「劇的な変化が起きて若者が集まるようにならなければ、30%は20年以内に消滅する」という予測を明らかにした。

 さらに、感染拡大によってボランティア活動や対面での礼拝などができなくなったことも、小規模な団体の「生き残り」を困難にしているという。

 サマ氏は「教会はますます小さくなっている。平均的な教会の信徒数は65人。この規模では、専従の聖職者を維持することは経済的に難しく、地域社会にも影響を及ぼせない」と指摘した。

 調査は3年から5年間隔で、信徒に対するアンケート方式で実施された。

環境団体と政策当局者が、ガス器具・装置の廃止を内々に画策

(2023年01月31日)

米国は子供の性転換に寛容、欧州は再びセラピー重視

(2023年01月22日)

システム不具合で飛行停止、バイデン氏は運輸長官への信頼強調

(2023年01月20日)

新AIソフトに教師ら苦慮 論文を自動作成、不正利用も

(2023年01月15日)

FBI、情報機関使い一般市民を捜査

(2023年01月14日)

米軍に押し付けるリベラル政策への攻撃を準備する共和党

(2023年01月03日)

米で広がるドラッグイベントへの抗議、子供の入場禁止も

(2022年12月25日)

新型コロナ制限措置は10代の女子に精神的負担もたらす

(2022年12月18日)

ロー判決の破棄後、教会への攻撃が激増

(2022年12月17日)

結婚尊重法の調印後、虹色に照明されたホワイトハウス

(2022年12月17日)
→その他のニュース