米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

COVID-19の影響で全米の学校や教会が閉鎖される中、希望を促すミシガン州セントジョセフのセントジョセフ・カトリック教会の看板。2020年3月30日(月)撮影(Don Campbell/The Herald-Palladium via AP)


 米国の宗教団体の30%は、今後20年内に消滅するという予測が公表された。

 ハートフォード宗教研究所が、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など一神教の80宗派の1万5278の教会、礼拝所などで信徒らを対象に調査を行った。それによると、新型コロナウイルスが大流行した2020年、大規模な団体は成長を続けた一方で、小規模な団体は縮小。規模でトップ10に入る団体に、毎週の礼拝など宗教行事参加者の70%が集中していた。

 調査を行ったスコット・サマ所長は、小規模な団体で高齢化が急速に進んでいると指摘、「劇的な変化が起きて若者が集まるようにならなければ、30%は20年以内に消滅する」という予測を明らかにした。

 さらに、感染拡大によってボランティア活動や対面での礼拝などができなくなったことも、小規模な団体の「生き残り」を困難にしているという。

 サマ氏は「教会はますます小さくなっている。平均的な教会の信徒数は65人。この規模では、専従の聖職者を維持することは経済的に難しく、地域社会にも影響を及ぼせない」と指摘した。

 調査は3年から5年間隔で、信徒に対するアンケート方式で実施された。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


人種カード効かず無罪評決

(2021年12月01日)

米カリフォルニア州で集団万引きが多発、罰則軽減が要因か

(2021年11月29日)

主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

本紙独占:120万人の不法移民が国境監視網を抜けた可能性あり-国境警備隊関係者

(2021年11月07日)

「パーフェクトストーム」:ラウドン郡は「ウォウク主義」と闘え-ペンス前副大統領

(2021年11月05日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)

学校のハロウィーン行事が「文化戦争」の最前線に

(2021年10月25日)

本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)
→その他のニュース