米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)

COVID-19の影響で全米の学校や教会が閉鎖される中、希望を促すミシガン州セントジョセフのセントジョセフ・カトリック教会の看板。2020年3月30日(月)撮影(Don Campbell/The Herald-Palladium via AP)


 米国の宗教団体の30%は、今後20年内に消滅するという予測が公表された。

 ハートフォード宗教研究所が、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など一神教の80宗派の1万5278の教会、礼拝所などで信徒らを対象に調査を行った。それによると、新型コロナウイルスが大流行した2020年、大規模な団体は成長を続けた一方で、小規模な団体は縮小。規模でトップ10に入る団体に、毎週の礼拝など宗教行事参加者の70%が集中していた。

 調査を行ったスコット・サマ所長は、小規模な団体で高齢化が急速に進んでいると指摘、「劇的な変化が起きて若者が集まるようにならなければ、30%は20年以内に消滅する」という予測を明らかにした。

 さらに、感染拡大によってボランティア活動や対面での礼拝などができなくなったことも、小規模な団体の「生き残り」を困難にしているという。

 サマ氏は「教会はますます小さくなっている。平均的な教会の信徒数は65人。この規模では、専従の聖職者を維持することは経済的に難しく、地域社会にも影響を及ぼせない」と指摘した。

 調査は3年から5年間隔で、信徒に対するアンケート方式で実施された。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)
→その他のニュース