本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

2021年5月25日、マイアミのリトルハイチ文化センターの外で報道陣の取材に応じる国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカス長官(AP Photo/Lynne Sladky)


 国土安全保障省(DHS)が配布している提案メモによると、不正手段を用いて取得された市民権を剥奪しようとすることが大幅に難しくなる。

 ワシントンタイムズは、DHSのアレハンドロ・マヨルカス長官から入国管理に携わる三機関の長に送られる同メモの草案を目にする機会があった。このメモには、将来の市民権喪失を懸念した人々が、市民権申請をしない可能性がある、と書かれていた。

 「帰化した者の市民権は、最後まで保障されるべきだ」とメモには書かれていた。 「DHSの政策は、合法的に永住している者が帰化を申請する際、脅迫効果や障壁を与えてはならない。」

 市民権はく奪は連邦法の一部だ。それには裁判所命令が必要だが、刑事事件または民事訴訟の結果次第で提起することができる。

 このメモによると、DHSが市民権はく奪の対象にするのは、国家安全保障上の脅威とか、性犯罪の有罪確定者や人権侵害の重罪犯、または「悪化する要素のある」詐欺等に限定すべきだという。

 目下DHSが追っている事案は、提案メモの影響で却下される可能性がある。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


人種カード効かず無罪評決

(2021年12月01日)

米カリフォルニア州で集団万引きが多発、罰則軽減が要因か

(2021年11月29日)

国境地域の保安官、マヨルカス国土安全保障省長官に「不信任決議」を宣言し、バイデンに罷免を要求

(2021年11月28日)

主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

本紙独占:120万人の不法移民が国境監視網を抜けた可能性あり-国境警備隊関係者

(2021年11月07日)

「パーフェクトストーム」:ラウドン郡は「ウォウク主義」と闘え-ペンス前副大統領

(2021年11月05日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)

報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)
→その他のニュース