穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)

2021年6月22日、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた非公開の超党派インフラ会議を後にするキルステン・シネマ上院議員(アリゾナ州選出)。(AP Photo/Manuel Balce Ceneta, File)


 2024年の選挙で、アリゾナ州の穏健派民主党上院議員キルステン・シネマ氏が候補指名を獲得するのを阻止するために最近発足したスーパーPAC(政治活動委員会)は、ハンガリーの左翼億万長者ジョージ・ソロス氏と強い経済的つながりがある。

 先月末に大々的に発足した「プライマリー・シネマPAC」には、ソロス氏が資金提供している二つの団体がかかわっている。その団体とは、「リビング・ユナイテッド・フォー・チェンジ・イン・アリゾナ(LUCHA)」と「ウェイ・トゥ・ウィン」で、近年ソロス氏から200万ドル以上を受け取っている。

 シネマ氏は、バイデン大統領が提出した3.5兆ドルの社会福祉・気候変動関連法案は規模が大きすぎるとして異議を唱え、拒否したことで、左派から攻撃を受けている。

 ソロス氏の慈善事業部門であるオープン・ソサエティー財団の記録によると、ウェイ・トゥ・ウィンは2018年以降、60万ドルを受け取っている。昨年だけでも、2020年の大統領選に向けた「さまざまな社会福祉活動」を支援するために、35万ドルを受け取っている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党議員5人がバイデン氏の通貨監督庁長官候補に反対

(2021年11月29日)

ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

拡大する米共和党の多様性、バージニア州の歴史的勝利で鮮明に

(2021年11月14日)

バイデン氏、極左議員の反乱でビーチハウス行きをキャンセル

(2021年11月12日)

ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

アメリカを取り戻す

(2021年11月10日)

バイデン政権の大企業への国際課税、米国の中小企業に打撃を与える見通し

(2021年11月09日)

米共和党の選挙戦略を書き換えたバージニア州知事選の勝利

(2021年11月08日)
→その他のニュース