中国の危険な研究に加担するファウチ博士

(2021年11月3日)


 OPINION:有名なアンソニー・ファウチ博士は、高い地位と広範囲に及ぶ権威を有しているにもかかわらず、2年近くも世界を騒がせたものに似た病原体の病原性を悪化させる研究で中国を助ける決定を下していた。  

 このウイルスが悪名高い新型コロナウイルスではなかったとしても、バイデン大統領は、彼に首席医療顧問の席から退くよう命じるべきだ。(新型コロナの毒性をより強くするための)「機能獲得」の専門知識の分野で、敵側を支援するのであれば、その人物を失職に追い込むべきである。  

 先週、米国立衛生研究所(NIH)から連邦議会に宛てて送られた1通の書簡で、潜在的な危険をはらむ研究に米国から資金の提供があったことが確認された。ファウチ氏は、この研究が、この致死的病気の発生源と考えられている中国のウイルス研究所で行われたことを否定している。「限定的な実験」であったが、実験用マウスがコウモリコロナウイルスに感染し、病状が悪化したとその書簡には書かれていた。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

地下鉄発砲事件は法執行の分水嶺

(2022年04月21日)

バイデン政権の気候変動に対するカルト的対応

(2022年04月14日)

コロナ拡大による国境封鎖政策を廃止へ 混乱に備える国境

(2022年04月09日)

バイデン氏の空理空論

(2022年04月07日)
→その他のニュース