ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

2021年11月5日(金)、ワシントンの議事堂でジョー・バイデン大統領の1兆8500億円にも及ぶ国内政策パッケージを下院が審議している中、記者団に話すナンシー・ペロシ下院議長(カリフォルニア州選出)。(AP写真/Jose Luis Magana)


 ナンシー・ペロシ下院議長は5日、穏健派の民主党議員に屈し、バイデン大統領の数兆㌦規模の社会福祉法案の採決を延期することを約束すると同時に、先送りされてきた1.2兆㌦規模の超党派インフラ法案の採決を要求した。

 ペロシ氏(カリフォルニア州、民主)は、この決定を発表する際に、ホワイトハウスの国内政策の少なくとも一部分を前進させる時が来たと主張した。

 ペロシ氏は「きょう、私たちは非常に歴史的で変革へと向かうアジェンダを前進させる道を進む機会を得た。きょうは、本会議に両法案を提出することを望んでいた。一部のメンバーは、より明確な説明や数字の確認を求めており、…その要求を尊重する」と述べた。

 ペロシ氏は当初、歳出法案とインフラ法案の二つの投票を行いたいと考えていた。しかし、下院民主党の穏健派議員が社会福祉法案に反対票を投じることを表明したため、この計画は頓挫した。

 穏健派議員らは、2000ページを超える歳出法案を、その経済的影響を検討、理解する時間もないまま通過させることは、公務怠慢だと主張。議会予算局(CBO)が適切なコスト分析を行うまで投票を延期するようペロシ氏に求めた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党議員5人がバイデン氏の通貨監督庁長官候補に反対

(2021年11月29日)

ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

拡大する米共和党の多様性、バージニア州の歴史的勝利で鮮明に

(2021年11月14日)

バイデン氏、極左議員の反乱でビーチハウス行きをキャンセル

(2021年11月12日)

アメリカを取り戻す

(2021年11月10日)

バイデン政権の大企業への国際課税、米国の中小企業に打撃を与える見通し

(2021年11月09日)

米共和党の選挙戦略を書き換えたバージニア州知事選の勝利

(2021年11月08日)

バイデン氏の歳出法案は進歩派の行動次第

(2021年11月06日)
→その他のニュース