ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

2021年11月5日(金)、ワシントンの議事堂でジョー・バイデン大統領の1兆8500億円にも及ぶ国内政策パッケージを下院が審議している中、記者団に話すナンシー・ペロシ下院議長(カリフォルニア州選出)。(AP写真/Jose Luis Magana)


 ナンシー・ペロシ下院議長は5日、穏健派の民主党議員に屈し、バイデン大統領の数兆㌦規模の社会福祉法案の採決を延期することを約束すると同時に、先送りされてきた1.2兆㌦規模の超党派インフラ法案の採決を要求した。

 ペロシ氏(カリフォルニア州、民主)は、この決定を発表する際に、ホワイトハウスの国内政策の少なくとも一部分を前進させる時が来たと主張した。

 ペロシ氏は「きょう、私たちは非常に歴史的で変革へと向かうアジェンダを前進させる道を進む機会を得た。きょうは、本会議に両法案を提出することを望んでいた。一部のメンバーは、より明確な説明や数字の確認を求めており、…その要求を尊重する」と述べた。

 ペロシ氏は当初、歳出法案とインフラ法案の二つの投票を行いたいと考えていた。しかし、下院民主党の穏健派議員が社会福祉法案に反対票を投じることを表明したため、この計画は頓挫した。

 穏健派議員らは、2000ページを超える歳出法案を、その経済的影響を検討、理解する時間もないまま通過させることは、公務怠慢だと主張。議会予算局(CBO)が適切なコスト分析を行うまで投票を延期するようペロシ氏に求めた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース