バイデン氏、極左議員の反乱でビーチハウス行きをキャンセル

(2021年11月12日)

バイデン大統領は、2021年11月5日(金)、ワシントンのホワイトハウスのステート・ダイニングルームから、10月の雇用統計に関する発言を行う。(AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領は、1.2兆ドルのインフラ整備法案を可決しようとする動きに民主党の極左議員らが反発したため、5日のデラウェア州リホボスビーチ行きの計画を中止した。

 デラウェア州の高級住宅地にビーチハウスを所有するバイデン氏は、週末にホワイトハウスを出発する予定だった。しかし、民主党のナンシー・ペロシ下院議長が左派勢力の反発に遭い、直前になって計画は中止された。

 そのきっかけとなったのは、ペロシ氏が下院民主党の幹部に屈して、ホワイトハウスの数兆㌦規模の社会福祉法案の採決を延期する一方で、インフラ法案を推進したことだ。

 現在、バイデン氏はインフラ法案への賛同を得るために極左議員に直接電話をかけている。

 ジャレッド・ハフマン下院議員(カリフォルニア州、民主)は、「バイデン氏は皆を集めるために懸命に働いており、私たちにも同じ精神で働くことを求めている」と語った。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党議員5人がバイデン氏の通貨監督庁長官候補に反対

(2021年11月29日)

ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

拡大する米共和党の多様性、バージニア州の歴史的勝利で鮮明に

(2021年11月14日)

ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

アメリカを取り戻す

(2021年11月10日)

米共和党の選挙戦略を書き換えたバージニア州知事選の勝利

(2021年11月08日)

穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)

サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)
→その他のニュース