拡大する米共和党の多様性、バージニア州の歴史的勝利で鮮明に

(2021年11月14日)

バージニア州フレデリックスバーグの集会から歩いている共和党知事候補グレン・ヨンキン (中央) 、司法長官候補ジェイソン・ミヤレス (左) 、副知事候補ウィソーム・シアーズ (右) 。(AP Photo/Steve Helber, File)


 米バージニア州の副知事候補ウィンサム・シアーズ氏と司法長官候補ジェイソン・ミヤレス氏による歴史的な勝利は、共和党で多様性が拡大し、自由や機会といった保守派のメッセージを伝える女性・マイノリティー(人種的少数派)候補のリクルートに成功していることを示した。  

 シアーズ氏はバージニア州全域の選挙で選ばれた初の黒人女性であり、ミヤレス氏は州全域の選挙で勝利した初のヒスパニックだ。同州では10年以上、ブルー(民主党の色)のトレンドが続いていたが、2人は共和党の州知事候補グレン・ヤンキン氏と共にポストを独占した。  

 民主党にとっては受け入れ難い結果だ。民主党は自分たちをマイノリティー社会の闘士と主張し、ガラスの天井打破を自慢する機会を享受してきた。  

 実際、バラク・オバマ氏が2008年に米国初の黒人大統領になる過程でバージニア州を制したのは、ほんの少し前のことだ。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


民主党議員5人がバイデン氏の通貨監督庁長官候補に反対

(2021年11月29日)

ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

当てにならない「すぐに着工できる仕事」

(2021年11月17日)

バイデン氏、極左議員の反乱でビーチハウス行きをキャンセル

(2021年11月12日)

ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

アメリカを取り戻す

(2021年11月10日)

米共和党の選挙戦略を書き換えたバージニア州知事選の勝利

(2021年11月08日)

穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)

サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)
→その他のニュース