「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

アリゾナ州ノガレスの東にあるメキシコ沿いのカミソリ状のワイヤーで覆われた国境壁の米国側で、税関・国境管理局の捜査官がパトロールを行っている。2019年3月2日撮影(AP Photo/Charlie Riedel, File)


 現在進行中の米南部の国境にまつわる未解決の課題について、分かりやすく示唆に富む指摘がなされた。

 超党派の研究機関、移民研究センターのディレクター、マーク・クリコリアン氏とのポッドキャストでの対談で、ラッセル・ジョンソンさんは「民間人が国境線を守る義務があるはずがない」と訴えた。

 ジョンソンさんは、ニューメキシコ州南部で牧畜業を営んでおり、4代目。メキシコ国境から8マイル(約13キロ)離れた、1918年に曾祖父が手に入れた土地に住み、働いている。

 牧場主のジョンソンさんとその家族は、フェンスを乗り越えたり、車で通り抜けたりして不法に国境を越えてくる移民を阻止するために、何キロものフェンスを設置し、維持してきた。

 「フェンスを維持するには大きな労力が必要だ。なのに、それに対する報酬はない。すべて私のポケットから出ている」とジョンソンさんは語った。

 クリコリアン氏は、他の場所に移ることを考えたことはないのかと尋ねた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)
→その他のニュース