主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

説教壇から見た教会の風景。(Photo credit: Chadd Balfour/Shutterstock)


 米国のプロテスタント教会では、多くの牧師が新型コロナウイルス・パンデミックや精神的疲労、孤立感などを理由に退職を考えている。16日に公表された調査結果で明らかになった。  

 福音派キリスト教系の調査会社「バーナ・グループ」によると、プロテスタント牧師の約38%は仕事がストレスになっており、常勤の牧師を辞めることを「真剣に検討している」と答えた。この数字は、29%が牧師を辞めることを真剣に検討していると回答した昨年1月と比べ、大幅に増加した。  

 主流派プロテスタント教会では、退職を検討している牧師の割合が51%に上った。主流派に含まれるのは、米国バプテスト同盟やディサイプルス、米国聖公会、米国福音ルター派教会、プレスビテリアン教会、キリスト連合教会、合同メソジスト教会などだ。  

 「パンデミックに加え、激しい内部対立や財政難が牧師たちに深刻な精神的負担をもたらし、牧師を辞めることを真剣に考えるところまで追い込んでいる」。バーナ・グループのデービッド・キナマン会長は、声明でこう指摘した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


人種カード効かず無罪評決

(2021年12月01日)

米カリフォルニア州で集団万引きが多発、罰則軽減が要因か

(2021年11月29日)

「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

本紙独占:120万人の不法移民が国境監視網を抜けた可能性あり-国境警備隊関係者

(2021年11月07日)

「パーフェクトストーム」:ラウドン郡は「ウォウク主義」と闘え-ペンス前副大統領

(2021年11月05日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)

学校のハロウィーン行事が「文化戦争」の最前線に

(2021年10月25日)

本紙独占:不正取得した市民権を保持しやすい国土安全保障省の提案

(2021年10月19日)

米宗教団体 3割が20年以内に消滅

(2021年10月18日)
→その他のニュース