主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

説教壇から見た教会の風景。(Photo credit: Chadd Balfour/Shutterstock)


 米国のプロテスタント教会では、多くの牧師が新型コロナウイルス・パンデミックや精神的疲労、孤立感などを理由に退職を考えている。16日に公表された調査結果で明らかになった。  

 福音派キリスト教系の調査会社「バーナ・グループ」によると、プロテスタント牧師の約38%は仕事がストレスになっており、常勤の牧師を辞めることを「真剣に検討している」と答えた。この数字は、29%が牧師を辞めることを真剣に検討していると回答した昨年1月と比べ、大幅に増加した。  

 主流派プロテスタント教会では、退職を検討している牧師の割合が51%に上った。主流派に含まれるのは、米国バプテスト同盟やディサイプルス、米国聖公会、米国福音ルター派教会、プレスビテリアン教会、キリスト連合教会、合同メソジスト教会などだ。  

 「パンデミックに加え、激しい内部対立や財政難が牧師たちに深刻な精神的負担をもたらし、牧師を辞めることを真剣に考えるところまで追い込んでいる」。バーナ・グループのデービッド・キナマン会長は、声明でこう指摘した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)
→その他のニュース