ペロシ議長下の「有害」な環境に両党から不満

(2021年11月27日)

ナンシー・ペロシ下院議長は、下院が民主党の社会・環境法案を承認し、ジョー・バイデン大統領に勝利をもたらした後、記者団と会見した。2021年11月19日(金)、ワシントンの議事堂(AP Photo/J. Scott Applewhite)


 連邦議会議員らは、休暇シーズンを迎えているが、ナンシー・ペロシ議長のもとの下院の環境が「有害」になっていると主張し、不満を募らせている。

 民主、共和両党の議員二十数人がCNNに語ったところによると、ここ数年、議会の「礼節」が失われ、両極化が進んでいるという。そのため、ペロシ氏(民主、カリフォルニア州)が率いる下院は、一部の議員にとって耐え難いものとなっている。

 ステファニー・マーフィー議員(民主、フロリダ州)はCNNに「『有害』という言葉がぴったりだ。共和党と民主党の対立だけでなく、民主党同士の対立もたくさんあると思う。議員らが激しく攻撃し合う場は、健全な立法環境とはいえない」と語った

 共和党のケビン・マッカーシー院内総務は、このような状況はペロシ氏の議長としての強引な戦術の直接的な結果だと主張した。

 「みなのためのルールであって、誰か1人ためのルールではない。全体の中の一部ということだ」

 1月6日に起きた議会議事堂での暴動の余波や、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政治的な不協和音が大きくなっている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース