国境地域の保安官、マヨルカス国土安全保障省長官に「不信任決議」を宣言し、バイデンに罷免を要求

(2021年11月28日)

2021年11月16日(火)、ワシントンのキャピトル・ヒルで開催された上院司法委員会の公聴会で証言する国土安全保障省長官のアレハンドロ・マヨルカス氏。(AP写真/Jacquelyn Martin)

By Stephen Dinan – The Washington Times – Wednesday, November 17, 2021

 西部州保安官協会は、アレハンドロ・マヨルカス国土安全保障長官に「不信任決議」を宣言し、同氏が南部国境を「砂漠の中の見えない線」に変えたバイデンチームを率いたと批判した。

 17州を代表する保安官たちは、バイデン大統領にマヨルカス氏を罷免して保安官と協力する新たなトップを探し、国境と移民法を再び尊重するよう求めた。

 彼らは、不法移民の急増に加え、より深刻な問題として、ここ数ヶ月で薬物が国境を越えて流れ込んで米国内部深くに到達し、国境の混乱の影響がコミュニティに直接及んでいることを指摘した。

 彼らはまた、主要都市で最近増加している暴力犯罪のうちいくつかを不法移民と結び付けた。

 「南部国境が砂漠の中の見えない線に変わる様を、米国の保安官は信じがたい思いで見守ってきた」。保安官らは今週、モンタナ州ルイスアンドクラーク郡の保安官であるレオ・ダットン協会会長とジェームズ常務理事が署名した声明書で述べた。

 国境における違法行為は前会計年度に記録を打ち立て、ほとんどすべての混乱がバイデン氏の就任期間中に起きた。夏には、国境警備隊が毎月20万人を逮捕した。それ以降はほぼ横ばいだったが、10月は16万人近くに上り、10月として記録上最悪だった。

 保安官は、違法な越境の削減が「大幅に進んだ」ことで、近年状況は改善していたと述べた。だが、バイデンチームはこうした成果を消し去ったと同協会は述べ、マヨルカス氏を非難した。

 「彼の任命以来、われわれは、我が国の安全や非常に困難な任務を任された勤勉な連邦職員の執行努力を解体し続ける個人的、政治的イデオロギーが実行に移されるのを見てきた」と同協会は述べた。

 保安官によると、それは単なる数字以上のものだという。

 来る人々のほとんどは、米国との国境までの道を管理し、それを使用するために通常「マフィア料」や「通行料」を請求する密輸カルテルの許可を得るか、しばしば助けを得ている。

 前払い金を持っていない人は借金を返済するために働かなければならず、そのために麻薬密売や強制労働、売春を行う者たちもいる。

 ワシントン・タイムズ紙は、保安官の声明について国土安全保障省にコメントを求めた。

 今週、連邦議会で上院議員に証言したマヨルカス氏は、少なくとも実施されている政策が人道的な面によって測定された場合、自分自身を「努力に対するA」と評価し、国境は管理されていると主張した。

 「私は自分の仕事に100%注いでおり、それを非常に誇りに思っている」と同氏は述べた。

 両党の上院議員は、肥大化した同省のこれまでの対応について多くの批判を行った。

 共和党はマヨルカス氏自身の業績評価を疑ったが、ルイジアナ州のジョン・ケネディ上院議員はマヨルカス氏が責任を負っていることを疑っていると述べた。

 ケネディ氏「あなたが指揮しているとは思えないので、移民に関する質問に答えるため、今日ここにいる必要があるとは思わない。ホワイトハウスが采配を振るっていると思う」と述べた。

 マヨルカス氏は、バイデンチームの一員であることを「誇りに思って」おり、移民政策について問われるべき人物だと述べた。

 「公表された政策については、私は責任を問われるべきだ」と同氏は述べた。

 アリゾナ州選出で共和党のアンディ・ビッグス下院議員は、マヨルカス氏が国境の安定を確保し、新型コロナウイルスの蔓延を抑える義務を果たせなかったとして、弾劾条項を起草した。

バイデンの愚かなエネルギー政策

(2022年10月28日)

バイデン政権、記録的なテロ容疑者の国境拘束

(2022年10月27日)

不法移民急増で密入国費用が急騰

(2022年10月04日)

移民バス輸送キャンペーンで国境をめぐる深い溝が露呈

(2022年09月23日)

バイデン:不法移民の輸送にもっと納税者負担を

(2022年09月16日)

命取りのバイデン国境

(2022年09月15日)

バイデンの移民政策の失政を証言

(2022年09月09日)

思いやりとは真逆の移民政策

(2022年07月07日)

ICEの移民キャッチ・アンド・リリース、最大33%が逃亡-GAO

(2022年06月29日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)
→その他のニュース