米・国家安全保障省、国境の移民を「メキシコに留める」政策を再開

(2021年12月5日)

2021年10月27日、メキシコ・チアパス州のヴィラ・コマルチトランに到着した移民たちは、メキシコを通って米国との国境を目指す旅を続けている。(AP Photo/Marco Ugarte, File)


 メキシコは木曜日、米国への不法移民をメキシコに送り返す、というトランプ政権の国境政策再開を容認する、と発表した。その条件として米国の国土安全保障省(DHS)は、移民に関する法廷審理を迅速化すること、コロナ予防接種を提供すること、そして移民の状況改善を支援することを明らかにした。

 バイデン政権は同政策再開に不満で、司法命令を遵守しただけだと断っている。この措置は公式に「移民保護協定(MPP)」と呼ばれるが、世間では「メキシコに留める」政策として知られている。DHSによると米国は、来週初めから移民のメキシコ送還を開始する。

 トランプ政権下で制定されたMPPは、偽装の亡命申請を食い止めて、2019年に発生した国境越えの急増を抑制した。しかしバイデン政権は同政策が移民に無慈悲だ、として大統領就任式当日に停止した。

 木曜日には両国政府が、MPP再開合意について、それぞれ声明を発表し、その概要を説明した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

米露電話会談、ウクライナめぐる緊張緩和につながらず

(2022年01月05日)

アフガンの反タリバン抵抗勢力、米国の支援得られず

(2022年01月04日)

アフリカで勢力伸ばすイスラム国

(2022年01月02日)
→その他のニュース