ブティジェッジ氏、ハリス副大統領を称賛 大統領選出馬の憶測も

(2021年12月9日)

2021年2月3日、ホワイトハウス複合施設の旧執行オフィスビルで、カマラ・ハリス副大統領から運輸長官に就任するピート・ブティジェッジ氏(聖書に手を添えている)。(AP Photo/Andrew Harnik)


 カマラ・ハリス副大統領は支持率の低迷、スタッフの大幅な入れ替えに苦しみ、ピート・ブティジェッジ運輸長官はハリス氏に取って代わる民主党の次期大統領候補との憶測が高まっている。にもかかわらず、ハリス氏は、ブティジェッジ氏とノースカロライナ州を訪問した際、依然として他の閣僚よりも上位にいることをまざまざと見せつけた。

 1兆2000億ドルのインフラ整備計画をアピールするためにシャーロットを訪れたブティジェッジ氏は、副大統領に賛辞を送ったという。エアフォース2で記者団に「大統領はもちろんのこと、副大統領のリーダーシップがなければ、ここまで来ることはできなかった」と語った。

 その後、ブティジェッジ氏は、運輸拠点の電気バスの前でスピーチし、6分間のうち、約5分の1をハリス氏への賛辞に費やした。そこでブティジェッジ氏は、大統領執務室でのインフラ法案に関する会合でハリス氏が、「ちょうどいいタイミングで」発言し、「まさに正しい」コメントをしていたことを強調した。

 「この記念すべき法案に副大統領の存在があらゆるところで影響を及ぼしたが、これはそのうちのごく小さな一例に過ぎない」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


トランプとマコーネル:仇敵同士が最高裁の中絶判決を勝ち取る

(2022年07月05日)

郊外有権者の民主党離れが鮮明に、共和党への転向が急増

(2022年07月04日)

サンダース氏系団体が民主党を非難、中間選挙での敗北を警告

(2022年07月02日)

2024年大統領候補としてトランプ氏に迫るデサンティス氏

(2022年06月26日)

サウスカロライナ州予備選でトランプ氏1勝1敗

(2022年06月18日)

西部保守サミットの人気投票で、デサンティスがトランプを倒す

(2022年06月16日)

オルーク氏、対立候補の会見に乱入 注目求め政界で悪ふざけが増加

(2022年06月14日)

ジョージア州予備選、大統領選出馬を目指すペンス氏には追い風

(2022年05月30日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)
→その他のニュース