ブティジェッジ氏、ハリス副大統領を称賛 大統領選出馬の憶測も

(2021年12月9日)

2021年2月3日、ホワイトハウス複合施設の旧執行オフィスビルで、カマラ・ハリス副大統領から運輸長官に就任するピート・ブティジェッジ氏(聖書に手を添えている)。(AP Photo/Andrew Harnik)


 カマラ・ハリス副大統領は支持率の低迷、スタッフの大幅な入れ替えに苦しみ、ピート・ブティジェッジ運輸長官はハリス氏に取って代わる民主党の次期大統領候補との憶測が高まっている。にもかかわらず、ハリス氏は、ブティジェッジ氏とノースカロライナ州を訪問した際、依然として他の閣僚よりも上位にいることをまざまざと見せつけた。

 1兆2000億ドルのインフラ整備計画をアピールするためにシャーロットを訪れたブティジェッジ氏は、副大統領に賛辞を送ったという。エアフォース2で記者団に「大統領はもちろんのこと、副大統領のリーダーシップがなければ、ここまで来ることはできなかった」と語った。

 その後、ブティジェッジ氏は、運輸拠点の電気バスの前でスピーチし、6分間のうち、約5分の1をハリス氏への賛辞に費やした。そこでブティジェッジ氏は、大統領執務室でのインフラ法案に関する会合でハリス氏が、「ちょうどいいタイミングで」発言し、「まさに正しい」コメントをしていたことを強調した。

 「この記念すべき法案に副大統領の存在があらゆるところで影響を及ぼしたが、これはそのうちのごく小さな一例に過ぎない」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)
→その他のニュース