米金融大手の年金基金対中投資に10州が見直し要求

(2021年12月10日)

2021年11月4日(木)、ニューヨークのブラックロック本社前で、全米鉱山労組の組合員と支持者がデモを行っている。ブラックロックは、労働者に公正な賃金、手頃な価格の医療、合理的な休息と休暇を提供する契約を求めて、組合員が約8カ月間ストライキを続けているウォリアー・メット・コール社の最大の株主。(AP Photo/Mary Altaffer)


 コンシューマーズ・リサーチは今週、10州の知事に書簡を送り、金融大手のブラックロックが中国共産党と関係していることに抗議するキャンペーンを行っていることから、ブラックロックに投資している州の年金基金を厳しく見直すよう求めた。

 コンシューマーズ・リサーチが公開情報を引用して発表したところによると、この10州の年金投資額は670億ドル近くに上る。

 ウィル・ヒルド社長は、ワシントン・タイムズ紙に「ブラックロックが米国企業よりも中国企業を優遇することで生じるリスクを真剣に受け止めてほしい。これらの年金投資は、国家安全保障や地政学的な圧力によって大きな損失に直面する可能性があり、また、一転して自国の利益に反して利用される可能性もある」と述べた。

 この書簡は、保守派団体が今年から始めたキャンペーンの一環で、ウォール街の巨大企業ブラックロックとそのCEO、ラリー・フィンク氏が、中国共産党の幹部や彼らが支配する巨大経済とあまりにも密接な関係にあると非難している。

 中国は、米国に次ぐ世界第2位の経済大国だ。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


インフレが家計を圧迫、民主党は危機に対応できず

(2022年01月20日)

デジタル領域で活気帯びるNFT市場、疑問の声も

(2022年01月15日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

サプライチェーンの混乱、中国のコスト上昇で製造業の仕事が米国に「リショアリング」される

(2021年12月31日)

対中法案、大部分が不成立 米両院通過はわずか3本

(2021年12月29日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

バイデン政権では半導体不足の解消に数年かかる

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)
→その他のニュース