歳出法案で3兆ドル赤字増の恐れ 議会予算局が警告

(2021年12月17日)

2021年12月2日木曜日、ワシントンのキャピトル・ヒルでエレベーターに乗りながら、ジョー・バイデン大統領の国内支出アジェンダの主要票であるジョー・マンチン上院議員(民主党、バージニア州)が記者団に身振り手振りで説明する。(AP写真/Jacquelyn Martin)


 米議会予算局(CBO)は10日、バイデン大統領が提出した社会福祉と気候変動に関する大規模歳出法案は、そのプログラムがすべて恒久的になった場合、連邦政府の赤字を3兆ドル増やすことになると警告した。

 CBOは、連邦法の財政的影響を分析する超党派の機関で、バイデン氏の「ビルド・バック・ベター(より良い再建)法」に関する詳細な分析結果を発表した。それによると、法案の規模は約1.75ドルだが、提案されたすべてのプログラムが今後10年間にわたって継続された場合、連邦政府の赤字は3兆ドルも膨らむことになる。

 これは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響に対処するために政府が歳出を増やし、過去1年間に国が抱えた2.8兆ドルの赤字とほぼ同額。これまでのところ、これらの新たな歳出により、国の負債は28.9兆ドルに達している。

 バイデン氏は以前から、この法案のコストはゼロで、富裕層や企業への増税で賄われると主張してきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


トランプとマコーネル:仇敵同士が最高裁の中絶判決を勝ち取る

(2022年07月05日)

郊外有権者の民主党離れが鮮明に、共和党への転向が急増

(2022年07月04日)

サンダース氏系団体が民主党を非難、中間選挙での敗北を警告

(2022年07月02日)

2024年大統領候補としてトランプ氏に迫るデサンティス氏

(2022年06月26日)

サウスカロライナ州予備選でトランプ氏1勝1敗

(2022年06月18日)

西部保守サミットの人気投票で、デサンティスがトランプを倒す

(2022年06月16日)

オルーク氏、対立候補の会見に乱入 注目求め政界で悪ふざけが増加

(2022年06月14日)

ジョージア州予備選、大統領選出馬を目指すペンス氏には追い風

(2022年05月30日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)
→その他のニュース