歳出法案で3兆ドル赤字増の恐れ 議会予算局が警告

(2021年12月17日)

2021年12月2日木曜日、ワシントンのキャピトル・ヒルでエレベーターに乗りながら、ジョー・バイデン大統領の国内支出アジェンダの主要票であるジョー・マンチン上院議員(民主党、バージニア州)が記者団に身振り手振りで説明する。(AP写真/Jacquelyn Martin)


 米議会予算局(CBO)は10日、バイデン大統領が提出した社会福祉と気候変動に関する大規模歳出法案は、そのプログラムがすべて恒久的になった場合、連邦政府の赤字を3兆ドル増やすことになると警告した。

 CBOは、連邦法の財政的影響を分析する超党派の機関で、バイデン氏の「ビルド・バック・ベター(より良い再建)法」に関する詳細な分析結果を発表した。それによると、法案の規模は約1.75ドルだが、提案されたすべてのプログラムが今後10年間にわたって継続された場合、連邦政府の赤字は3兆ドルも膨らむことになる。

 これは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響に対処するために政府が歳出を増やし、過去1年間に国が抱えた2.8兆ドルの赤字とほぼ同額。これまでのところ、これらの新たな歳出により、国の負債は28.9兆ドルに達している。

 バイデン氏は以前から、この法案のコストはゼロで、富裕層や企業への増税で賄われると主張してきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)
→その他のニュース