「バイデンフレーション」Xマスの食卓直撃

(2021年12月22日)

新しい業界レポートと労働統計局のデータによると、バイデン大統領の就任1年目を特徴づけた猛烈なインフレは、クリスマスディナーに影響を及ぼすという。(写真提供: Matthew Mead,Associated Press)


 11月下旬の感謝祭を直撃した食料品高騰をめぐって、バイデン米大統領とホワイトハウスへの非難が高まったが、「バイデンフレーション(バイデン氏とインフレを合わせた造語)」はクリスマスの食卓にも影響を及ぼそうとしている。

 クリスマスの定番食料品の価格は、前年比15・4%高。そのうち七面鳥、豚肉、ジャガイモ、ニンジンは14・2%高で、デザートに使用される小麦粉、砂糖、卵、スパイスの価格は35・8%も上昇している。

 データ分析会社、ミンテックは「米クリスマスディナー指数」を公表、「物価が高騰する中、クリスマスを前にさらに上昇へと向かっている。記録的な高さだ」といっそうの食料品価格の上昇を予測している。

 共和党全国委員会の幹部、トミー・ピゴット氏は、「バイデンフレーションによる物価急上昇で米国民は、メリークリスマスどころではない」とバイデン大統領を非難、「バイデン氏は、労働者を力づけていない。全米国民を貧しくしている」と政権の経済政策のまずさを指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)
→その他のニュース