「バイデンフレーション」Xマスの食卓直撃

(2021年12月22日)

新しい業界レポートと労働統計局のデータによると、バイデン大統領の就任1年目を特徴づけた猛烈なインフレは、クリスマスディナーに影響を及ぼすという。(写真提供: Matthew Mead,Associated Press)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Monday, December 20, 2021

 11月下旬の感謝祭を直撃した食料品高騰をめぐって、バイデン米大統領とホワイトハウスへの非難が高まったが、「バイデンフレーション(バイデン氏とインフレを合わせた造語)」はクリスマスの食卓にも影響を及ぼそうとしている。

 クリスマスの定番食料品の価格は、前年比15・4%高。そのうち七面鳥、豚肉、ジャガイモ、ニンジンは14・2%高で、デザートに使用される小麦粉、砂糖、卵、スパイスの価格は35・8%も上昇している。

 データ分析会社、ミンテックは「米クリスマスディナー指数」を公表、「物価が高騰する中、クリスマスを前にさらに上昇へと向かっている。記録的な高さだ」といっそうの食料品価格の上昇を予測している。

 共和党全国委員会の幹部、トミー・ピゴット氏は、「バイデンフレーションによる物価急上昇で米国民は、メリークリスマスどころではない」とバイデン大統領を非難、「バイデン氏は、労働者を力づけていない。全米国民を貧しくしている」と政権の経済政策のまずさを指摘した。

バイデン政権の反化石燃料政策で自然保護基金が危機に

(2022年11月26日)

中国当局者に禁錮20年-米でスパイ活動、航空機企業の技術情報狙う

(2022年11月19日)

連邦控訴裁、バイデン氏の学生ローン免除を差し止め

(2022年11月18日)

陰謀組織が政府を支配-世論調査

(2022年11月10日)

高い物価・犯罪率に苛立つ有権者から離れてしまった民主党

(2022年11月08日)

国民に信頼されていないFBI

(2022年11月02日)

法律顧問がウォーク文化に対抗する力を得る

(2022年10月29日)

保守勢力、選挙健全化で投票監視ボランティアを多数募る

(2022年10月27日)

逮捕の反中絶キリスト教徒 司法省を非難

(2022年10月26日)

バイデン政権、学生ローン免除申請サイトのテストを開始

(2022年10月20日)
→その他のニュース