民主党、大統領による1.75兆ドルの「ビルド・バック・ベター法案」の挫折を受け入れず

(2021年12月23日)

2021年12月7日火曜日、ワシントンのキャピトル・ヒルの外でラッシュアワーにペンシルバニア通りをブロックする、ジョー・バイデン大統領の「ビルド・バック・ベター」アジェンダの通過を議会に求めるデモ参加者たち。(AP Photo/Jose Luis Magana)


 ホワイトハウスから合衆国議会に至るまで民主党関係者は、バイデン大統領が提出した1.75兆ドルの「ビルドバック・ベター法」は当分採決の見込みがないと思いたくないようだ。

 政府当局者とベテラン議員たちは、民主党のジョゼフ・マンチン上院議員(ウェストバージニア州)が、そのうち関係法案か修正案の一部を支持するだろうと強気だ。そのわりに民主党内の戦略戦術はバラバラだ。

 一部では、マンチン議員に矛を納めさせるのには大衆圧力を高めるしかないと言っている。上院多数派の民主党を率いるチャールズ・E・シューマー議員(ニューヨーク州)は、1月に議員たちが戻ったら、社会福祉と気候変動関連法案だけ採決をとると表明した。

 シューマー議員は言う、「実際に上院は新年早々にビルド・バック・ベター法案を検討し、上院の各議員がテレビだけでなく、議場で意見を述べることになろう」、「下院通過したビルドバック・ベター法の修正案に投票する予定だ、何らかの決着をつけるまで投票を続けるつもりだ。」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)
→その他のニュース