ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

コネチカット州のジョン・ダーハム連邦検事。ロシアの選挙干渉に関する米国政府の捜査を調査する任務を担うジョン・ダーラム特別弁護人は、2021年9月16日(木)、著名なサイバーセキュリティ弁護士をFBIへの虚偽陳述の容疑で起訴した。(米国司法省 via AP,)


 ドナルド・トランプ前大統領に関するクリストファー・スティール文書の主要情報源を代理する法律事務所は、弁護士の1人がヒラリー・クリントン陣営で働いていたため、利害が対立する可能性がある。

 トランプ氏とロシアの共謀の捜査に着手した連邦捜査局(FBI)の行動を調査しているジョン・ダーラム特別検察官は、週末に提出した法廷資料で利益相反の可能性を指摘した。

 この訴訟手続き上の障害は、ワシントンにおける政治と法律の世界の絡み合いを浮き彫りにした。スティー ル氏が行ったトランプ氏に対する根拠のない、そして後に否定された反トランプ派の調査が、FBIの捜査のきっかけとなった。

 ロシア出身の研究者イゴール・ダンチェンコ被告は、スティール氏に提供した情報についてFBIに虚偽の証言をした5件の訴因について無罪を主張し、シャートラー・アンド・オノラート法律事務所のダニー・オノラート、スチュアート・シアーズ両氏に弁護を依頼した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース