中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

2021年8月5日(木)、バージニア州リッチモンドの州議会議事堂内にある代議員会室の外で、総会特別セッション4日目のリップ・サリバン(D-Fairfax)、ジェレミー・マクパイク(D-Prince William)上院議員が協議しています。来週まで続く立法会議の進め方について協議していた。(Bob Brown/Richmond Times-Dispatch via AP)


 バージニア州の民主党による知事と下院議員の支配の期間が切れる日が迫るにつれて、中絶の権利を主張するリッチモンド市の過激派は、共和党員が1月半ばに同州の政権を引き継ぐ前に、彼らの課題の最後の一片――とはいえ大きな一片であるが――を、州法に成文化させようと画策している。

 どうやら、彼らは、女性が中絶の処置を受ける前に、24時間待つとか、超音波検査を受けるとかいった、ちょっとした要件の制限が付いている、以前、共和党が支配していた時に議会や知事らによって制定された法律を廃止するだけでは満足していないようである。

 ロー対ウェイド判決(全国的に中絶を合法化するという非常に意見が分かれる1973年の最高裁判所の判決)を州法として成文化しようという彼らの意欲は、11月2日の共和党の実業家、グレン・ヨンキン氏の知事選での番狂わせの勝利に続き、共和党が州議会下院の支配権を取り戻したことで、改めて緊急性を帯びることとなったのである。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

トランプとマコーネル:仇敵同士が最高裁の中絶判決を勝ち取る

(2022年07月05日)

郊外有権者の民主党離れが鮮明に、共和党への転向が急増

(2022年07月04日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

サンダース氏系団体が民主党を非難、中間選挙での敗北を警告

(2022年07月02日)

米国の商工会議所は誰のものか

(2022年06月30日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

2024年大統領候補としてトランプ氏に迫るデサンティス氏

(2022年06月26日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)
→その他のニュース