アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年1月6日)

2019年6月29日撮影、オレゴン州ポートランドのダウンタウンで当局とデモ参加者の対立後、ローズシティ・アンティファ、プラウドボーイズなど複数のグループが抗議する中、警察がペッパースプレーを使用する。ポートランド警察は、2019年8月17日(土)に集会を計画している州外のヘイトグループと、それに対抗するために出てくるという地元出身の反ファシストとの衝突を避けたいと考え、動員している。(Dave Killen/The Oregonian via AP)


 連邦裁判所は、警察官への暴行で起訴されたポートランドのアンティファ暴徒に対する裁判を取り下げ、釈放した。30時間の社会奉仕活動を科せられた。

 オレゴン州ビーバートン出身の26歳のトランスジェンダー女性、エバ・ワーナーさんは、暴動を起こしたとして3回にわたってポートランド警察に逮捕された。複数の報道によると、いずれも保釈金なしで釈放されたという。

 警察発表によると、2020年8月の暴動の際には、群衆を解散させようとしていた警官の目に、高出力レーザーを向けた。

 警察によると、逮捕時に警察ともみ合いになったという。

 ワーナーさんは、昨年9月に連邦保安官によって連行され、連邦機関の捜査で重罪の市民暴動で起訴された。

 裁判書の文書によると、オレゴン州のスコット・エリック・アスファウグ連邦検事代理は先週、ワーナーさんの起訴を取り下げる申し立てを行い、「30時間の社会奉仕活動」を実行したと指摘した。

 連邦地裁のマイケル・サイモン判事は翌日、起訴を棄却した。

 サイモン氏とアスファウグ氏は、コメントの要請に応じなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年01月10日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)
→その他のニュース