バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年1月8日)

2021年12月27日(月)、ワシントンのホワイトハウス南側芝生でマリーンワンに乗り込むジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Carolyn Kaster)


 政治情勢が緊迫し、重要なところで失敗が続いていることもあり、バイデン大統領が指名した候補者もすぐに拒否されると思われているが、ワシントン・タイムズの分析から、指名取り下げの割合は過去3人の大統領と同等であることが明らかになった。

 これまでバイデン氏は就任から現在までに9人の指名を取り下げたが、このような例は過去にもある。就任から同期間中に、トランプ前大統領が13人、オバマ元大統領が11人、ジョージ・W・ブッシュ元大統領が7人の候補指名を取り下げている。

 バイデン氏は、共和党と一部の穏健派民主党員が、見解が極端すぎると訴えたため、4人の候補者を取り下げた。もう1人は、国防総省の監視団の調査を受ける中で取り下げられ、1人は「個人的理由」で脱落し、3人については理由は明らかにされていない。

 元上院院内総務、トレント・ロット氏のチーフスタッフとして指名承認争いに立ち会ったデービッド・ホップ氏は、取り下げられた候補者の中には、バイデン政権が責任を負うべきものもあると指摘する。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

進まないグアンタナモ閉鎖、政府対応に不満も

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)
→その他のニュース