党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年1月17日)

2020年3月25日(水)、ワシントンの米国連邦議会議事堂の上院議場で演説するチャック・シューマー上院少数党院内総務(民主党)。GovTrackがまとめたデータによると、上院での23年間、シューマー氏は500回以上議事妨害を維持するための投票を行ったという。(APによる上院テレビジョン)


 仮にチャールズ・E・シューマー上院議員が今も野党側のリーダーだったら、同議員は共和党の重要議題を排除すべく闘うよりは、議事妨害に血道を挙げて、共和党の議案を阻止し続けていたに違いない。

 GovTrackがまとめたデータによると、シューマー議員(ニューヨーク州、民主)は上院で務めた23年間に、議事妨害を支持して、実に500回以上も投票していた。

 かつて議事妨害の削減を「民主主義にとって最悪の日の到来だ」とまで表現したシューマー議員だが、数世紀も使い古された慣行は、もう役立たずだ、と言ってのけた。

 「我が民主主義が機能し続けるためには、何らかの対処が必要だ」、同議員は先週、議場でそう演説した。考えを変えているのはシューマー議員だけでない。

 民主党はバイデン大統領の指名した司法長官候補者が前科を持った人物なのに、それで押し切ろうとしている。

 GovTrackのデータによると、上院民主党幹部会の50人のメンバーは、1989年以来、議事妨害の賛成票を合計15,579回投じてきた。しかし今、それらの大半が、議事妨害の慣行を排除しようとするシューマー議員の動議を支持している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース