バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年1月18日)

ホワイトハウスのイーストルームで記者会見するジョー・バイデン大統領(2021年3月25日、ワシントン)。ジョー・バイデン大統領はホワイトハウスでの1年目を終えようとしているが、前任者5人のうち、大統領就任の同じ時期に行った記者会見の回数が少なく、最近のどの前任者よりもメディアのインタビューに参加した回数が少ないという。これは、タウソン大学名誉教授マーサ・ジョイント・クマールの新しい研究結果によるもの。(AP Photo/Evan Vucci, File)


 バイデン大統領は11日の重要演説で、上院のフィリバスター(議事妨害)規則を廃止し、共和党による米国民主主義への攻撃と戦うよう呼びかけたが、ジョー・マンチン上院議員は再びバイデン氏の計画を頓挫させる構えを見せている。

 36年間上院議員を務めたバイデン氏は、共和党が民主党による選挙改革2法案の提出を阻止したため、上院は「かつての面影を失ってしまった」と述べた。

 「私は、民主主義に対する脅威は非常に深刻だと思っている。これらの投票権法案を提出し、議論し、表決に掛ける方法を見つけなければならない。多数派が勝つ。その最低限の票が得られないのなら、フィリバスターの廃止を含め、上院の規則を変えるしかない」

 バイデン氏は、共和党政権の州が選挙法を曲解し、黒人やその他の少数派が投票するのを難しくしていると共和党を全面的に非難した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース