新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年1月22日)

2022年1月15日(土)、アリゾナ州フローレンスでの集会で演説するドナルド・トランプ前大統領。 (AP Photo/Ross D. Franklin)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Tuesday, January 18, 2022

 米国の新興保守系インターネット交流サイト(SNS)「ゲッター(GETTR)」が、アリゾナ州で行われたトランプ前大統領の集会を機にアクセス数を伸ばしている。

 ゲッターは、トランプ陣営の上級顧問が立ち上げ、ツイッターと似た機能を持つ。保守系のニュースマックスなど三つのメディアがライブ配信した15日のトランプ氏の集会の映像を流し、視聴者数は99万人を超えた。

 CNNのプライムタイム(午後8時から11時)の平均視聴者数が70万5000人(ニールセン・メディア・リサーチ調べ)ということを考えれば、驚くべき数字だ。

 ゲッターの最高経営責任者(CEO)ジェイソン・ミラー氏によると、ゲッターのライブストリーミングはまだ試験段階で、年内に本格始動する。同氏はワシントン・タイムズに対し「この数字は、ゲッターがストリーミング配信のプラットフォームとしてデビューしたことを意味する。気に入らない主張を検閲し、抑圧してきたユーチューブなどシリコンバレーのプラットフォームに代わりうるものとして挑戦していく」とゲッターの存在意義を強調した。

バイデン氏の機密文書の不始末

(2023年02月01日)

バイデン氏、クレイン首席補佐官の後任にザイエンツ氏

(2023年01月30日)

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)
→その他のニュース