共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年1月23日)

2021年5月12日(水)、ワシントンでジョー・バイデン大統領との会談後、ホワイトハウスの外で記者団に話すミッチ・マコーネル上院少数党首(京)とケビン・マッカーシー下院少数党首(カリフォルニァ)。(AP Photo/Evan Vucci)


 民主党が、選挙改革法案を承認するために上院のフィリバスター(議事妨害)規則の特例を設ける「核のオプション」を発動すれば、投票基準のいっそうの厳格化への道を開くことになるかもしれない。

 政治専門家によれば、次に共和党が政権を握ったとき、フィリバスターを受けることなく、民主党による変更部分をもとに戻したり、国政選挙のあり様について自党の方針を押し付けたりすることは間違いない。

 民主党のフィリバスターがなければ、共和党は各州に有権者名簿の整理させたり、選挙関係者がまとめて不在投票用紙を集める「バロットハーベスティング」をやめさせたりできる。

 共和党によると、それだけにとどまらない。

 民主党が優先政策を承認するためにフィリバスターに例外を設ければ、次に共和党が政界で優位に立ったときに、さらに広範囲で同様の措置が取られるようになる。

 共和党のジョン・コーニン上院議員(テキサス州)は、次のようなリストを作成した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース