女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年1月26日)

2022年1月19日水曜日、The Center for American Libertyが提供した写真で、左はジェシカ・コーネン、右は彼女の弁護士でThe Center for American LibertyのCEO、CAL、Harmeet K. Dhillon。(The Center for American Liberty via AP)


 米カリフォルニア州で、教員らが女子生徒を、親に隠してトランスジェンダーへと誘導し、名前、呼び方、性自認を変えさせようとしていたことが明らかになり、母親が学校区を提訴するという前代未聞の出来事が起きている。

 ジェシカ・コーネンさんは19日、小学6年生の頃から娘をトランスジェンダーと自覚させるように誘導するのを認め、意図的に精神的ストレスを引き起こし、人権を侵害したとして、スプレクルズ連合学区、ブエナビスタ中学校の2人の教員と校長を提訴した。

 コーネンさんは、人権団体「アメリカン・リバティー・センター」を通じて出した声明で、「子供に信頼される自身の立場を悪用し、弱者に付け込むこのような行動、やり方に嫌悪感を覚える」と強く非難している。

 センターのハーミート・ディロンCEOは、FOXニュースで「ジェシカさんの娘のような子供たちを平等クラブに招き入れ、親に言わないように言い聞かせた上で、トランスジェンダーに関する読み物を与えていた。学校での呼び方の代名詞も変えさせたが、親の前では、もともとの代名詞で呼ばせていた」と述べている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース