米国務省、エホバ信徒への禁固刑を非難

(2022年1月29日)

国務省の本部は、ワシントンのフォギーボトム地区にある。(Associated Press)


 国務省は26日、ロシアでの宗教団体「エホバの証人」への取り締まりを非難、信仰を実践したことを理由に女性信徒が6年の禁固刑を言い渡されたことに強く反発している。 国務省報道官はワシントン・タイムズの取材に対し電子メールで、「米国は最も強い言葉で、ロシアがエホバの証人など平和的な少数派宗教団体への取り締まりを続けていることを非難する」と強調した。

 この声明は、ロシア南部、アストラハンの裁判所が、アンナ・サフラノバさん(56)に6年の禁固刑を言い渡したことを受けたもの。

 サフラノバさんは、「非常に過激な活動」を行ったとして訴追されていた。エホバの証人によると、ロシア刑法の下でこれまでも、このような罪状で信徒らが裁かれており、禁固6年は、2017年以降で最長だという。

 報道官は、「ブリンケン国務長官は2021年に、信教の自由の深刻な侵害を理由にロシアを『特に懸念すべき国』に指定しており、(サフラノバさんの)収監もこの侵害の一例だ。米国は、すべての人々は人権として、各自の良心に従って、信じるべきか、信じるべきでないかを判断する権利を持つことを確認する」と主張している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース