米国・民主党、中間選挙のジンクスを破れるか、過半数維持に思案中

(2022年2月4日)

2022年1月20日(木)、ワシントンの国会議事堂で行われた週間記者会見で話すカリフォルニア州のナンシー・ペロシ下院議長。(Rod Lamkey/Pool via AP)


 合衆国議会の下院で、民主党は戦わずして過半数を放棄するつもりはない。今年の中間選挙について自信満々の共和党の鼻を明かす三つの戦略を仕掛けている。

 その戦略とは、民主党の業績が有権者をどれほど助けてきたかを詳しく説明すること、それに比べて共和党がドナルド・トランプ前大統領に執心し、同氏の「盗まれた大統領選挙」という主張に取りつかれて国政の妨害者になっている、と印象付けること、投票日までにコロナ感染の減少を期待しつつ、感染との戦いを倍加すること、この三点だ。

 バイデン大統領が「共和党はいったい何のために存在しているのか?」と、再三問いかけているのも、共和党の妨害姿勢を露わにしようとする民主党の意図を表している。

 大統領および民主党議員たちは、彼らが提出した1.75兆ドルの歳入・歳出計画に対し、共和党が一向に否定的な態度を変えないことにイライラを募らせている。バイデン大統領が選挙中主張したような、党派政治による政治の停滞と両党間の壁を乗り越えて仕事をしてみせる、との公約をなし崩しにしかねない。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース