「ジェノサイド五輪」と批判

(2022年2月5日)

中国がイメージとCOVID-19を心配して冬季五輪を主催するため、北京に到着するオリンピック選手たちはレーンにとどまっていなければならないだろう。(Associated Press)

By Valerie Richardson and Matthew Paras – The Washington Times – Monday, January 31, 2022

 中国は2008年北京五輪で発展する新興国としてのイメージを世界に植え付けることに成功した。22年冬季五輪でも大国・中国のアピールに余念がないが、「ジェノサイド(集団虐殺)五輪」と批判が沸き起こるなど、国際社会からの反発は根強く、選手の逮捕、拘束の可能性まで指摘される「異常事態」となっている。

 人権団体アムネスティ・インターナショナルの中国研究者、アルカン・アカド氏は、「世界は08年北京五輪後の教訓を忘れてはならない。中国政府は人権状況の改善を約束したが、実行されなかった」と指摘、「冬季五輪を単なるスポーツウオッシング(スポーツイベントを利用し、悪評を浄化すること)にさせてはならない」と警告した。

 五輪ボイコットを主張してきた米プロバスケットボール協会(NBA)、ボストン・セルティックスのエネス・カンター・フリーダム選手も、「中国共産党は五輪の中心的価値観である卓越、友情、敬意を代表していない。こうしている今もジェノサイドは起きている。北京五輪のメダルは恥のメダルだ」と、開催そのものを強く非難している。

 米国が主導した外交ボイコットについては、米ジョージタウン大学の歴史学教授、ジェームズ・ミルワード氏が「(選手らの夢を壊すことなく)中国に『これまでと違う異常事態』というメッセージを送ることはできる」と、一定の効果に期待を表明した。

 その一方で、北京冬季五輪組織委員会対外連絡部の楊舒副局長が「五輪の精神に反する」発言をした選手の逮捕、拘束の可能性を警告し、人権団体などが反発している。

 ヒューマン・ライツ・ウオッチの上級研究員、王亜秋氏は、ワシントン・タイムズに対し、選手らは「安全のため、発言には慎重を期すべきだ」と述べた。

 共和党のマイケル・マコール下院議員は1月31日のヘリテージ財団のイベントで、「米国内で中国共産党を批判したことのある米国人選手は逮捕され、終身刑を科される可能性すらある」と指摘、国務省に選手らの保護を求めた。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)
→その他のニュース